私の離婚 

離婚を決意した瞬間

 

私の離婚の話を続けます。

 

離婚を決めたとき

 

良い家庭を築けない自分を

責める気持ち、

離婚を考える自分を責める気持ち、

離婚もできない自分を責める気持ち、

 

空っぽの自分、

先の見えない不安・・・

 

そんなものを抱えながら

生活していました。

 

離婚って慰謝料なの?

 

私は、自尊心をなくした人間であり、

イライラした母親であり、

不安定な母親であり、

見ない・感じない・考えない人間

した。

 

夫といたときの私

 

 

ある日、私は気づいたのです。

 

私は娘にあたっている

と。

養育費をもらうのが悪いこと?

 

確かに子育てをしていれば

イライラすることもあります。

 

でも、それだけではない。

私は、自分の問題からくる

不安やイライラを娘にぶつけている

と感じたのです。

 

自分より弱い立場の娘に。

私にとって1番大切な存在である娘に。

ただひとつの守りたい存在である娘に。

 

養子縁組

 

それに気づいた瞬間、

「私、絶対離婚する!」

「離婚しなきゃダメだ!」

そう思いました。

 

決めました。

働く女性

 

このままじゃいけない。

 

娘を、周りの顔色をうかがって

生きる人間にしたくない。

 

この子は、

のびのびと自由に育ってほしい。

自分の考えに従って行動してほしい。

 

「安心して母親に甘えられる子」

であってほしい。

 

親権と監護権

 

昨日までとなんら状況は

かわっていませんでした。

 

それなのに、

私、絶対離婚する!

と思ったのです。

 

部屋でガッツポーズする女性

 

長い間悩んでいた私ですが、

急に心が決まったのです。

 

覚悟ができたのです。

 

前の記事
離婚を考えつつも

次の記事
離婚を決めるのに必要なもの