離婚前 話し合い 養育費

養育費算定表の見方

 

 

では、今回は実際に

「養育費算定表」を見てみましょう。

 

養育費算定表の見方

 

 

  「養育費算定表」ってナニ?
   という方は、前回のお話
   →養育費の相場って?
   をお読みください。

 

 

養育費算定表は

家庭裁判所HPにあります。

→養育費算定表・家庭裁判所HPへ

 

パソコン

 

正確には

「養育費・婚姻費用算定表」

というものです。

 

前半子どもの養育費(離婚後)

表です。

 

  後半は、「婚姻費用」と言って、
  別居の時(離婚前)に使う
  妻と子どもの生活費に関する表です。

 

右上に「養育費」と書いてある表

を見て下さい。

 

ファイル

 

①子どもの人数と年齢

 

子どもが

・1人/2人/3人

・14歳まで or15歳以上

で表がわかれています。

 

子どもが1人で

・0歳~14歳

・15歳~19歳

 

子供が2人で

・2人とも0歳~14歳

・2人とも15歳~19歳

・上の子が15歳~19歳、

下の子が0~14歳

 

などと、子どもの人数と年齢に応じて

とページがわかれているので、

まずは該当するページを探してください。

 

鉛筆とノート

 

 

②父親と母親の年収

 

縦軸が支払う側(父親)

横軸が受け取る側(母親)

年収です。

 

※給与所得者と自営業者では
 欄が違うので注意しましょう。

※給与を受け取っている方は「控除前の金額」、
 自営業の方は「課税対象の所得額」
 を見ましょう。

 

ノートとペン

 

 

③養育費の金額

 

②で見た、縦軸と横軸が

交わるところが養育費の算定数字(相場)

です。

 

※子ども2人の場合は、

この数字が2人の合計額です。

公正証書作成当日

 

 

例:子どもが2人のAさん宅の場合

 

仲良し親子

 

①お子さんの人数と年齢は?

・・・8歳と10歳で2人です。

 

→「養育費」の「子供2人」

「第1子及び第2子0~14歳」

のページへ。

 

 

②夫の年収と職業は?

・・・会社員です。

 年収は・・・う~ん。

 500万はないかな。

 450万から500万の間くらい。

※源泉徴収票があれば「支払金額」
 (控除前の金額)を見てください。

 

あなたの年収は?

・・・パートで100万いかないくらい。

 夫の扶養に入っています。

 

③2人の年収が交わるところを見る

CCI20160530_0001

 

交わるところは・・・

「6~8万」と書いてあります。

これは

「2人合わせて6~8万」

ということです。

 

養育費って後からでも請求できるんでしょ

 

「6~8万にしなくてはいけない」

ということではありません。

 

でも、これを話し合いの目安とすると

話し合いしやすいと思いますよ。

 

 

養育費算定表の意義については
前の記事
養育費の相場って?


次の記事
→養育費の終了時期と、調停に行ってはいけない理由