母子家庭日記

 

おうちイベント
「キャンプごっこ」

 

 

お金や時間をかけなくても

楽しい!おうちイベント

「プラレール回転寿司」

「夏祭りごっこ」

に引き続き、

 

今日は

キャンプごっこ

をご紹介します。

 

キャンプごっこ

 

 

とある海外の映画のワンシーンで

お部屋の中で “キャンプごっこ“

をするシーンがありました。

 

それを観て、

うちでもやりたい!

と思ったのがキッカケで始まりました。

 

 

ちっともアウトドア派ではない私は、

テントや寝袋などというものは

まったく持ち合わせていませんが、

 

ちょうど公園用に “日よけテント”

を買ったところでした。

(子供が遊んでいる間に、テントの中で

 原稿のチェックや勉強をしようと思って。)

 

公園の遊具で遊ぶ女の子

 

テントを公園デビューさせるのは

しばらく先にして

しばらくはテントを

おうちで使うことに。

(キャンプ用ではないうえ、とっても小さなテントです。)


 

<キャンプごっこのやり方>

夏の家族

電気は消します。

灯りはランタンのみ。

(災害用の電池のランタンですが)

 

食器は使いません。

・オニギリはラップで包みます。

・オカズはアルミホイルで包みます。

・スープや飲み物は紙コップで飲みます。

(100均のドリンクホルダーがあるといいですね)

 

ご飯はテーブルではなく、

床にレジャーシートを敷いて食べます。

 

母子家庭の日々

 

 

そして寝るのはテントの中。

親子でテントの中で寝ます。

(我が家のテントでは上半身がなんとか入っているくらいですが)

 

お布団は使わず、

ブランケットを使います。

(寝袋がある方は是非寝袋でどうぞ)

 

気分を上げるために

テントにはランタンを吊り下げました

 

実は、キャンプって経験ないので

何をするものなのか、よく知らないですけど。

 

 

プラレール回転寿司

 

今日はキャンプごっこだよ!

 

それだけで子どもは

いろいろ想像(妄想)して

 

じゃあ、

このシートのないところは

 本物の草ってことね。

 

など、どんどん “キャンプごっこ” 

に入っていきます。

 

「オオカミ来たらどうする?」

「え~怖~い!テントのドア閉めて!」

(下半身、テントから出てるけど)

なぁんて・・・

 

子どもと一緒に

小さなテントの中で眠るのは

けっこう楽しかったりもします。

 

親権と監護権

 

 

母子家庭になったら、

遊びにまわせるお金はないんだろうな。

遊びに連れて行く時間もないのかな。

子供が、周りのお友達と比較して、

みじめな思いにならないかな。

 

と、

「子供にしてやれないこと」

を心配している

ママたちも多いでしょう。

 

「してやれないこと」もあるけれど、

「してやれること」

だっていっぱいありますよ。

 

お金と時間をかけなくても

工夫があれば

楽しむことはできます。

 

私は、これからも

子どもを楽しませていきます。

 

 

子連れ離婚専門

 

さすがにキャンプファイヤーは無理だけど、

お風呂で魚つかみとかならできるかしら??

・・・いや、やめておこう。

 

 

前の記事
おうちイベント「夏祭りごっこ」

次の記事
私、カウンセラーでもあります。