母子家庭日記

 

おうちイベント
「夏祭りごっこ」

 

昨日の「プラレール回転寿司」に引き続き、

我が家のテンションが上がる

“おうちイベント”

を 紹介したいと思います。

 

 

今日は

夏祭りごっこ

 

 

おうちイベント夏祭りごっこ

 

 

雨が多くて夏祭りが

軒並み中止になった夏に

 

浴衣買ったのに

着るときないじゃん。

あ、うちでやればいいのか!

 

と、始めました。

 


 

①チラシ作り

 

パソコン・スマホで好きな時間に相談

 

(娘1人に配るだけですが、わざわざ)

チラシをつくります。

 

じかん:じゅんびできたら

ばしょ:おうちのりびんぐ

 

など、記載したチラシを

対象者のところに配布します。

(娘1人ですけどね)

 

 

②屋台準備

屋台で売っていそうな物を用意します。

 

面会後のかかわり

綿菓子、ジュース、かき氷、

フランクフルト、たこ焼き、

お好み焼き、焼きそば・・・

 

お料理としては

ほとんどやることないですね。

お好み焼きと焼きそばを

つくるくらいで、

あとは買ってきたものです。

(やる気のある日はチョコバナナも。)

 

光るブレスレットは100均で売っています。

子供ウケ抜群です。

 

 

「わたがし 50えん」

「かきごおり 100えん

など、値札を用意します。

 

IMG_20140828_19251130

↑冷蔵庫にあったウインナーを焼いて

爪楊枝をさしただけの「ミニフランクフルト」。

物は言いよう(笑)

 

その間、子どもには

紙でお金を作ってもらいます。

 

(10万円札とか、1000円玉とか・・・不思議なお金ができあがります。)

 

 

面会約束を守る

 

③着替え

 

浴衣に着替えます。

(我が家では私まで着替えます。)

甚平さんもいいですね。

 

 

 

浴衣に着替えるだけで、

急に “夏祭りっぽさ” がアップして

テンションがあがります。

(なんせ我が家は女2人)

 

 

 

④夏祭り

準備が整えば開始です。

 

屋台の人役とお客さん役にわかれて、

夏祭りを楽しんでください。

 

部屋でガッツポーズする女性

 

 

庭で花火でもできたら最高でしょうが、

我が家にはお庭がないうえ、

たいていこのイベントは

雨降りの日に開催しているので、

花火大会を同時開催したことはありません。

 

 

食べたいものだけ用意すればいいので、

お料理もほとんどしなくていいですし、

原価もたいしてかかりません。

お祭の屋台って高いけどね。

 

ピース・若い女性

 

でも、楽しいですよ。夏祭りごっこ。

 

我が家では、年に数回開催されます。

 



前の記事
おうちイベント「プラレール回転寿司」


次の記事
おうちイベント「キャンプごっこ」