離婚後、面会

面会で父親が気をつけること4
子どもは成長するものと心得る

 


引き続き今回も

「面会で父親が気をつけること」

をお伝えします。

 

面会父親子供は成長する

 

今日は

子どもは成長するものだと心得る。

 

離れて暮らしている間に

子どもはどんどん変わっていきます。

 

好きな物や興味のあることは

すぐに変わります。

生活リズムや自分1人でできること、

やりたいことも変わります。

 

小学校の入学式

 

細かい例を挙げると・・・

 

一緒に暮らしていたときに

アンパンマンが好きだった子を

アンパンマンショーに連れて行ったら

既にアンパンマンは卒業していて、

戦隊ものの映画の方が良かったとか。

 

一緒に暮らしていたときは

電車が大好きな女の子だったので

面会で電車博物館に

連れて行ったけれど、いつの間にか

電車への興味はなくなっていて

女の子っぽいものが

大好きになっていたとか。

(これは、うちの娘です)

 

などなど。

 

青空でシャボン玉遊びをする女の子

 

こういった細かいことだけではなくて、

子どもは日々大人になっていくものです。

 

考え方、物の伝え方、

話の理解・受け取り方もしっかりして、

興味や生活も変わってきます。

もちろん身体も変わってきます。

 

公園の遊具で遊ぶ女の子

 

 

一緒に住んでいたときの

イメージのままで

子どもと接していると、

成長した子どもは

ちょっと居心地悪く感じてしまいます。

 

勘の良い子であれば

「お父さんの前では

  子どもっぽくしなくちゃ」

「これはもう好きじゃないけれど、

  そんなこと言ったら

  パパ悲しむかなあ」

気を遣うことも。

 

 

いつまでも

一緒に住んでいたときのイメージで

子どもと接するのではなく、

 

「子どもは成長するもの変わるもの」

と心得て、成長を感じられることを

楽しんでください。

 

 

授業を受ける中学生男女

 

 

前の記事
面会で父親が気をつけること3、お金を使いすぎない 


次の記事
面会で父親が気をつけること5、子どもの気になる言動を見つけたら