心理の部屋、離婚前の感情、離婚後の感情

 その感情は正しいものなのか?

 

普段はマイナス思考と言えないような人でも

私なんて・・・

と決めつけている人って多いなぁと感じます。

 

 

女性

 

 

傷ついた、悲しい、バカにされた、

寂しい、ムカつく、イラつく・・・

 

こんな感情を抱えたとき

私たちはつい、

「こんなことがあったから」

事実がその感情の原因となっている

と思いがちですが、

本当にそうでしょうか?

 

ひざを抱える女性

 

過去にもここで事実(出来事)と感情は
つながっていないということを話したことがありますが・・・

 

その事実(出来事)が感情の引き金

なっているのは確かかもしれませんが

 

事実(出来事)と感情との間には

 大した根拠がないことが多い

 

ものです。

 

女性

 

事実(出来事)と感情の間には

あなたの「捉え方」(思考・考え方)

があるからです。

 

ただそれが、

『無意識』のうちに行われているから

気づかないだけで。

 

あなたの「捉え方」を通すことによって

否定的な感情に苦しめられていませんか。

そんなに自分を責める必要はないのに。

 

頭をかかえる女性

 

例えば・・・

 

あなたは夫とうまくいきませんでした。

・・・(事実)

 

夫とすらうまくいかなかった私は

きっと他の人ともうまく関係を結ぶことができない。

 

きっと誰からも必要とされない。

 

私なんて価値のない人間だ。

 

離婚して新しい世界に入っても

きっとうまくやっていけない。

 

人と関係を結ぶのが怖い。

 

・・・なんて考えて

どんどん孤独に陥っているのだったら

 

ちょっと待ってみてください。

 

専業主婦で家庭以外の外の世界を持っていない場合
こうなりやすい気がします。

(・・・というか、これ、私の話です)

 

女性

 

夫との仲がうまくいかずに離婚した人でも、

たくさんの人に囲まれて

たくさんの人に愛されている人もいます。

その人の周りには自然と人が集まってしまう

という人もいます。

 

ここで注目したいのは、

夫との仲がうまくいかなかったという

事実はあなたと一緒

ということです。

 

夫とうまくいかない
  ↓↓↓
他の誰ともうまくいかない

 

その方程式に根拠はありますか?

 

 

他の人との関係をもつことにすら

臆病になってしまう必要はありません。

 

女性

 

考えすぎだよ。

 

もし、同じ内容の相談を
お友だちから受けたら?

 

マイナス思考が進みすぎてきたと感じたら

・・・一度立ち止まって

そう考えてみてください。

 

考えすぎだよ。

 

そう言えるなら、

今の感情から解放されて、

少し楽になれるかもしれませんよ。

 

~アルバート・エリス『論理療法』~

 

 


 

嫌な感情に支配されそうになったときは
こちらもどうぞ。

↓↓↓

出来事は選べなくても感情は選べる

実際に起きたこととそれ以外を分ける

 

 


著書の紹介

子連れ離婚いろは帖表紙

子どもがいるのに

離婚を考える私って

ダメな母親かな?
そう悩んでいるあなたのための本です。

①離婚する前の心の揺れ・自己嫌悪
②私自身の離婚の話
③離婚の準備・基礎知識
④離婚後の制度・お金の話
⑤シングルマザーとして生きるあなたへ

・・・といった内容を記しました。

【著書】

子どもを育てながら離婚を悩むあなたに贈る
 子連れ離婚いろは帖
~心から笑える私になるためのヒント~

ご購入はamazonから
→「子連れ離婚いろは帖」販売ページ


弊所の離婚サポートについてはこちらから
 サポート紹介 


お問い合わせ・ご予約はこちらから
 お問い合わせ