離婚、お金、財産分与

引っ越しとお金の話

 

 

前回、

離婚で賃貸住宅へ引っ越す

というお話をしました。

離婚に関するお金の話~賃貸住宅への引っ越し~

 

引っ越し

 

 

今回は

家を出ていく女性の多くが思う・・・

 

家を出ていく方はお金がかかるけど、

引っ越しにかかるお金は

私が一人で払わなくちゃいけないの?

 

という疑問についてのお話をしましょう。

 

女性

 

引っ越しにかかる費用は

どちらがどれだけ負担する

という決まりはありません

 

 そもそも離婚に関することは
 当事者の二人が合意したらOKなので
 基本的に何事にも「こうしなさい」
 という決まりはありません。

 

押印

 

 

①離婚前に家計から引っ越し費用を出す

 

離婚が成立する前に引っ越しという方は

家計から引っ越し費用を出してしまう

という方もいますね。

 

女性

 

ただし、離婚の話が出た途端、

夫から

「通帳を返せ」

「カードを返せ」

と言われ、これまでのように

お金をつかえなくなる家庭、

 

夫の給与振込口座を変えられてしまい

夫の給与に手が付けられなくなる家庭

もあります。

 

通帳

 

そもそも、家計を握っているからと言って

勝手に引っ越し費用を支出してしまうと、

後で離婚の話し合いの際に

「引っ越しの分の金額は
 財産分与の対象から差し引く」

なんて言われてしまう可能性も

ありますけどね。

 

2人の合意のうえで

家計から出せるのが理想ですよね。

 

男女

 

離婚前であればまだ夫婦として

生活を支える義務があるので、

他人になってしまった離婚後に比べると、

まだ夫にも請求しやすいように感じます。

(「払わなくてはいけない」というわけではないので、夫が応じるかどうかはわかりませんが)

 

離婚ではなく別居を選択する場合も

家計からというパターンが多いですね。

 

 

②財産分与の中で多めにもらう

 

・「新生活資金」という名目で
何十万円か離婚時に受け取る。

・財産分与の中で貯金を分ける際、
引っ越し等、新生活にお金がかかるからと
何十万円か多めに受け取る。

という方もいますね。

 

通帳

 

わざわざ「これは新生活資金」などと

名前をつけて分けてやりとりしなくても、

 

引っ越し代等を調整した金額で

貯金の分け方を決めればOKです。

 

 

③自分で負担する

 

①も②もダメだった場合、

自分で負担するしかありません。

 

うつむく子ども

 

収入が低い、貯金がない場合は

キツイですよね。

 

子どもを突然

不安定な立場に置くの?

 

と、なんとか夫にも

少しでも負担してほしいところです。

 

男性

 

夫は離婚にも別居にも乗り気ではなく

こちらが離婚や別居を急いでいる場合などは

「オマエが離婚したいと言ったんだ」

なんて、結局、自分1人で

負担するということも多いですね。

 

ペン

 

家を出る方は金銭的にも体力・時間的にも

消耗が激しいです。

 

とはいえ、

・家が夫の両親の持ち家

・夫の両親と同居

・頼れる実家が離れた場所にある

などの場合は、やはり今の家を出て

引っ越した方が今後のためになるでしょうね。

 

戸建て

 


著書の紹介

子連れ離婚いろは帖表紙

子どもがいるのに

離婚を考える私って

ダメな母親かな?
そう悩んでいるあなたのための本です。

①離婚する前の心の揺れ・自己嫌悪
②私自身の離婚の話
③離婚の準備・基礎知識
④離婚後の制度・お金の話
⑤シングルマザーとして生きるあなたへ

・・・といった内容を記しました。

【著書】

子どもを育てながら離婚を悩むあなたに贈る
 子連れ離婚いろは帖
~心から笑える私になるためのヒント~

ご購入はamazonから
→「子連れ離婚いろは帖」販売ページ


弊所の離婚サポートについてはこちらから
 サポート紹介 


お問い合わせ・ご予約はこちらから
 お問い合わせ