離婚前、離婚後の生活・お金

離婚後のお金の話
~賃貸住宅への引っ越し~

 

家

 

 

私が住んでいるのは岐阜県。

 

この辺りでは

賃貸住宅に住んだことがない

という方もいます。

 

 

独身時代にずっと実家で暮らしており、

結婚の際に夫婦どちらかの実家に入るか、

夫婦どちらかの実家の土地に家を構えた

という方ですね。

 

18歳からほぼ賃貸住宅で暮らしてきた
(そして「引っ越し魔」の)私にとっては
ビックリの発言でしたが。

 

 

引っ越し

 

賃貸住宅の入居にかかる費用についても

わからない。

という方がいます。

 

家賃の他に

こんなにお金がかかるなんて

知らなかった!

という声も聞きます。

 

 

銀行

 

離婚を機に初めて(もしくは久々に)

賃貸住宅に入居することになったものの

初期費用として何十万も必要

という事実を知って

こんなはずじゃなかった!

ということのないよう

 

離婚からはちょっと外れますが、

賃貸住宅に入居する際の

初期費用のお話をしましょう。

 

ノートと計算機

 

 

賃貸住宅に入居する際の費用として

一般的なものは

①敷金

②礼金

③家賃

④仲介手数料

⑤火災保険

⑥保証料

です。

 

鉛筆とノート

 

 

①敷金

その物件を退去する際に

原状回復するための費用を

入居の際に預かっておくものです。

退去の際に必要がない部分は戻ってきます。

「家賃の1か月分」などと

定めているところが多いですね。

 

②礼金

こちらは大家さんに納めるお金です。

敷金とは違い、戻ってきません。

「家賃の1か月分」などと

定めているところが多いですね。

「礼金なし物件」というものもあります。

 

③家賃

始めの家賃を(家賃振込日でなくても)

契約のときに初期費用と共に払います。

月の途中で入居する場合は

日割り計算されることが多いです。

 

④仲介手数料

不動産屋さんの手数料です。

「家賃の1か月分まで」と上限が決められています。

 

⑤火災保険

火災や水漏れなどのために

保険に加入します。

保険会社や補償内容、物件にもよりますが、

2万円くらいのイメージですね。

 

⑥保証料

借主さんが家賃を払えない場合に備えて

保証会社の保証をつけます。

連帯保証人がいれば保証は不要ということも

多いですが、シングルマザーだと、

この家賃保証をつけることを

覚悟しておいても良いと思います。

 

計算機

 

物件にもよりますが、

30万円くらいポンっと

出ていってしまうものです。

 

新生活を始めるというのは

何かとお金がかかりますね。

 

物件を決めるときには

家賃だけでなく、初期費用のことも

考えて決めましょうね。

 

この他に引っ越し費用も必要です。

持ち家や夫の実家から出ていく場合は、

家具家電も買わなくてはいけませんね。

 

七五三

 

私は「引っ越し魔」で
かなりの回数の引っ越しをしています。

これまでの引っ越し経験で
カーテンと照明が意外とお金がかかるなあ
と思っていました。

今住んでいる家は、
内覧した際にカーテンと照明がついていて、
「これ、このままつけておいてください!」
とお願いしました。

ちょっとしたお願いごとは
「これがやってもらえれば
この物件に決めちゃうんだけどな~」

と言ってみると

不動産屋の担当者さんが
「頑張って大家さんに交渉してみます」
と言ってくれるかもしれませんよ。

ちなみに私は
前の家ではドアノブを変えていただき、
今の家ではテレビの配線を
隣の部屋から引っ張っていただきました。

不動産屋の担当者さん、ありがとうございました。

 

 


著書の紹介

子連れ離婚いろは帖表紙

子どもがいるのに

離婚を考える私って

ダメな母親かな?
そう悩んでいるあなたのための本です。

①離婚する前の心の揺れ・自己嫌悪
②私自身の離婚の話
③離婚の準備・基礎知識
④離婚後の制度・お金の話
⑤シングルマザーとして生きるあなたへ

・・・といった内容を記しました。

【著書】

子どもを育てながら離婚を悩むあなたに贈る
 子連れ離婚いろは帖
~心から笑える私になるためのヒント~

ご購入はamazonから
→「子連れ離婚いろは帖」販売ページ


弊所の離婚サポートについてはこちらから
 サポート紹介 


お問い合わせ・ご予約はこちらから
 お問い合わせ