私の気持ち 離婚後、子育て

母性と父性

 

 

子育てに必要な要素として

『母性』『父性』

という言葉あります。

 

男女

 

男性にあるのが父性

女性にあるのが母性

というわけではありません。

 

 

母性とは・・・

子どもを無条件に認めてあげる力

 

父性とは・・・

ルールや知恵などの社会性を教える力

 

です。

 

親子

 

 

母性や父性というのは、

身体的な性別によるものではないのです。

 

ひとは、母性と父性、

どちらも持ち合わせています。

 

女性であるあなたが

子どもに父性を与えることも

もちろん可能です。

 

・・・というか、与えていると思います。
最近では、どちらかというと父性ばかりを
与える親が多いと言われているくらいです。

 

親子

 

母性と父性、バランスが難しいのであれば

とにかく母性を与え続けてください。

 

特にお子さんが小さい場合は。

 

自分の存在そのものが

認められている

愛されている

 

それが、子どもの成長の根っことなります。

 

親子

 

自己肯定感が強い子ほど

他者を認められるので、

他者との関係をうまく築くことができます。

 

母性をたくさん受け取った子ほど

父性的なもの(他者との関係で発生するルールなど)

受け取りやすくなるのです。

 

子ども

 

それに父性(ルールなど)

意識しなくても教えすぎるほど

教えてしまいがちなもの。

仮にあなたが父性的なものを与えなくても

園や学校など社会生活の中で

受け取る機会はいっぱいあります。

 

 

とにかく

父親がいないから父性が与えられず

子育てに問題がある。

なんてことはないので

安心してください。

 

そして、

母性(無条件に子どもを認めること)

大事に子育てしていれば

親がひとりだろうがふたりだろうが、

親の性別が男と女だろうが、

男だけ、女だけだろうが、

素晴らしい子に育つと思いますよ。

 

 

 


著書の紹介

子連れ離婚いろは帖表紙

子どもがいるのに

離婚を考える私って

ダメな母親かな?
そう悩んでいるあなたのための本です。

①離婚する前の心の揺れ・自己嫌悪
②私自身の離婚の話
③離婚の準備・基礎知識
④離婚後の制度・お金の話
⑤シングルマザーとして生きるあなたへ

・・・といった内容を記しました。

【著書】

子どもを育てながら離婚を悩むあなたに贈る
 子連れ離婚いろは帖
~心から笑える私になるためのヒント~

ご購入はamazonから
→「子連れ離婚いろは帖」販売ページ


弊所の離婚サポートについてはこちらから
 サポート紹介 


お問い合わせ・ご予約はこちらから
 お問い合わせ