私の思い

私と仕事

 

 

妊娠してから専業主婦だった私。

 

5年前に離婚して、

久々に経済社会に出ました。

 

主婦

 

 

 

専業主婦だった私にとっては

「世界のすべて」に近い家庭

自分を否定され、

自らも自分を否定して生きていました

 

あらゆることにビクビクしていました。

人と話すのにさえ。

 

相手に少しでも高圧的な態度をとられてしまうと、

もう怖くて。

 

特に夫に似た言動をとられてしまうと、

自分の中のスイッチが入ってしまって。

 

頭をかかえる女性

 

その場はなんとかやり過ごしますが、

頭の中は

「もう帰りたい」

でいっぱいでした。

 

(周りからはまったくそう見えないところが
 私のふてぶてしいところですが)

 

小さなことに怯えて、

小さなことに傷ついて・・・

 

 

(どこかの会社や事務所に入るわけでもなく、
 自らの事務所として開業したので
 上司が守ってくれるわけでもなく
 先輩が教えてくれるわけでもない状態でしたから
 余計にいろいろありますよね。)

 

女性

 

そんな私ですが、自営業という職種柄か、

多くの方とお話する機会をいただき、

たくさんのご縁に恵まれました。

多くの方に応援してもらいました。

 

お仕事もいろいろとやらせていただき、

たくさんの

「ありがとう」

「あきこ先生に出会えて本当に良かった」

という言葉をいただきました。

 

女性

 

人から認められ、求められ、

感謝されるという体験を通して

 

癒され、自信を持ち、

自尊心を取り戻していきました。

 

私には仕事が必要だったんですね。

 

もちろん、

傷つくことや嫌なこともあるけれど

それ以上に、仕事があること

自分が自分になったかな

と思います。

 

PCと女性

 

今の家庭での生活が辛いという方には

できることなら少しでも外に出ることを

おすすめしたいです。

 

家庭の中で虐げられて、

自尊心を失っていても

家庭以外のところで

必要とされ感謝される経験ができれば

心はだいぶ落ち着くと思います。

 

心のバランスがとれて

家庭が辛くなくなる方もいれば

 

自分に自信がついて

シングルでやっていく決心が固まる方も。

 

もちろん、

仕事をする以上は責任を忘れずにね。

 

 


女性士業チーム 41 girls の無料相談会

ご予約受付中です。詳しくはこちら⇒
女性相談員による無料相談会のご案内

ご予約は1月25日(金)までお受けします。
弁護士(木下)のご予約は満席
私、行政書士(鈴木亜紀子)はあと1席
税理士(松山)、
社会保険労務士(鈴木かおり)
については、まだご予約をお受けできます。

 


著書の紹介

子連れ離婚いろは帖表紙

子どもがいるのに

離婚を考える私って

ダメな母親かな?
そう悩んでいるあなたのための本です。

①離婚する前の心の揺れ・自己嫌悪
②私自身の離婚の話
③離婚の準備・基礎知識
④離婚後の制度・お金の話
⑤シングルマザーとして生きるあなたへ

・・・といった内容を記しました。

【著書】

子どもを育てながら離婚を悩むあなたに贈る
 子連れ離婚いろは帖
~心から笑える私になるためのヒント~

ご購入はamazonから
→「子連れ離婚いろは帖」販売ページ


弊所の離婚サポートについてはこちらから
 サポート紹介 


お問い合わせ・ご予約はこちらから
 お問い合わせ