離婚後 面会

面会で母親のあなたが気を付けること4
面会後に赤ちゃん返りその2

 

引き続き、

面会で母親のあなたが気をつけること

シリーズです。

 

小さなお子さんをお持ちで、
面会後の子供の様子が気になる方、
是非、前回のお話
「面会後に赤ちゃん返りその1」
から、読んでください。

 

前回は、軽いパターン

面会中に、気を遣った・頑張ったから、

その反動で。

というお話をしました。

 

 

 

今日は、重いパターン

その2、母親と離れる恐怖

についてお話したいと思います。

 

面会後に赤ちゃん返り

 

お子さんは、離婚によって

「それまで毎日のように

  そこにいたはずの家族と離れる」

という経験をしました。

 

指輪

 

 

母親のあなたが

父親に会わせることによって

「ママが自分のことを

  手放すんじゃないか」

と恐怖を感じている可能性もあります。

(そこまでは考えていないにしても、なんとなく)

 

 

「親はいなくなるもの。

  ママもいなくなるのでは?」

「ママが自分を手放して、

  パパの元に行かせようとしている」

と考えてしまうと、

子どもは恐怖を感じます。

 

離婚に向けて

 

 

(実際にはそこまで考えてのことではないでしょうが・・・)

 

「ママがいないと生きていけない」

ママの気をひくために、

赤ちゃん返りをして、

 

・甘える

・カンシャクをおこす

・オモラシをする

・自分でできることも

 ママにやってもらおうとする

 

という行為に結びつくことも

考えられます。

 

逆に

・妙にお利口さんになる

というパターンも考えられますね。

 

 

 

・・・とても辛いことですね。

(子どもにとっても、あなたにとっても)

 

子供を抱く母親

 

面会で子供と別れるときには、

「いつ、どこに迎えにいく」

と伝えましょう。

それが毎回必ず守られるとわかれば

子供もだんだん安心するでしょう。

 

 

「離婚が子供のせいではないこと」

 

「ただ、ママとパパが

別々に住むようになっただけで、

 ママもパパも子供を愛していること」

を子どもに伝えましょう。

 

養子縁組

 

ママは絶対にあなたを

  手放したりしない。

あなたを愛している。

 

それが伝わるといいですね。

 

さらに、

面会を楽しむ子どもを認める

ことができると理想的です。

 

面会後に赤ちゃん返り

 

 

赤ちゃん返りが激しいからといって、

すぐに面会をやめてしまう必要は

ないでしょう。

 

しかし、

どうしても子どもが

混乱するようであれば、

お子さんが少し落ち着くまでの間は

面会をやめて、時期をみて面会を

再開してもよいかもしれませんね。

 

 

次回も引き続き

面会で母親のあなたに気をつけてほしいこと

をお伝えします。

 

 

 

面会で母親のあなたが気をつけること

前の記事
面会後に赤ちゃん返りその1 

次の記事
→5、約束を守る