離婚後 面会

面会で母親のあなたが気をつけること3
帰宅後のかかわり

 

 

前回は子供が面会に行きたくないと
言ったときのお話でした。
→子供が「会いたくない」と言ったら?

 

引き続き、

面会で母親のあなたが気をつけること

シリーズです。

 

今日は、

「帰宅後(面会後)のかかわり」

について。

 

面会後のかかわり

 

 

あなたは、ついつい

「どこに行ったの?」

「なにをしたの?」

などと聞きたくなるかもしれません。

 

でも、

あまりに質問攻めにしてしまうと

(管理されているような気がして)

 

子どもが

お父さんと会うことは悪いことなんだ

と思ってしまうかもしれません。

 

ここは、あなたから質問するのは

我慢して、

子どもの方から、面会の様子を

話し出したらきいてあげる

という程度に留めましょう。

あなたは聞き役です。

 

子どもが、

「2人の親から愛されている」

と感じられるよう、

面会を楽しんだ子どもを認めて

あげられるといいですね。

まあ、難しい話ですけどね(笑)

 

親権と監護権

 

「元夫は子育てのことなんて

 まるでわかってないんだから、

 私がしっかりしないと」

 

「子どもが何時に何を食べたかは

 把握しておかないと夕飯が・・・」

 

というお母さんもいます。

 

働く女性

 

でも、

子どもが保育園や小学校に行けば

子どものすべてを把握すること、

管理することは不可能になります。

どこかで線を引いて諦めなくては。

 

「怪我なく無事に帰ってきた。

  それでOK」

「子どもが楽しんだ。

  それでOK」

と考えられるといいですね。

 

親権と監護権

 

 

 

逆に、私なんかは、

(うちの娘は話してくるタイプ)

「今さら、パパとの話なんか興味なけど」

と思ってしまうタイプです(笑)




子供と同じテンションで

盛り上がることはできないけれど

「良かったわね」

くらいは返せるように気をつけています。

 

青空でシャボン玉遊びをする女の子

 

子どもが楽しい思いをしたのなら、

それは母親である私にとっても

嬉しいことです。

 

子どもが

父親から愛されていると

自信をもっている。

それは素晴らしいことです。

 

特に小さなうちは

男性と触れ合う機会が多くはない中、

大人の男性とも関係を

築くことができる。

というのもいいことですからね。

 

そう考えれば、

子どもも立派だし、

元夫にだって感謝です。

(これも難しいかな??)

 

ついでに言うと、

その面会の数時間の間は

母親は1人の時間を持てた

わけですしね。

 

そう考えると、

面会へのモチベーションも

あがりませんか?

 

(まあ、なかなか上がらないのが現状ですが

  そう考えて頑張っています(笑))

 

 

前回の記事
 →子供が「会いたくない」と言ったら?

次回も引き続き、面会において
母親のあなたに気をつけてもらいたいこと
をお伝えします。
→面会後に赤ちゃん返り・その1