私の離婚 元夫の再婚

元夫の再婚と心境の変化2
~自分のこと~

 

 前回の続きです。

 (前回→元夫の再婚1 )

 

 

 

女性

 

元夫から

結婚しようと思って

と聞いたとき

 

 

 

やっぱり彼は変わらなかったんだな。

(子育てをしている私とは違って)

独身時代に戻っていたんだな。

 

そう感じて、悔しい気がした。

 

私は、結婚して変わった。

 

私は、子どもが生まれて変わった。

とても。

 

私は、離婚してもちろん変わった。

 

 

赤ちゃん(0歳児)の泣き顔

 

彼は

子どもが生まれても変わらなかった

(私にしてみれば)

 

結婚、育児、転勤、離婚・・・

仕事や住む場所が変わったのは

時間の使い方、生活のリズムが

変わったのは

 

男性

 

彼は、ずっと同じ会社に勤め続けていた。

 

彼は、子どもが生まれてからも、

呑み、遊び、眠っていた。

 

それが思い出されて嫌な気もちになった。

 

指輪

 

離婚してからも。

彼の方は、

男性だし、子育てもしていないし、

独身時代と同じように自由に振る舞えるのよね。

 

女性

 

・・・一瞬、そう思ったけれど、

 

思い返してみると、私は

「離婚して娘と生きていこう」

とは思ったけれど

「離婚して1人になろう」

だなんて思いつきもしなかった。

 

こうやってマジメに娘と向かい合って

娘に時間や労力をつかって育児をすることは

私が選んだこと。

娘を育てたことは私の人生の宝物

 

娘を育てられない人生なんて

考えたくもない。

 

元夫は自由でズルイ。

 

・・・なんてそんなこと、言えない。

 

 

女性

 

勝手に結婚して、勝手に離婚して、

勝手に引き取って、

勝手に起業して、勝手に2人暮らしして、

勝手に忙しい状況に追い込んで・・・

 

それで

私は不自由。元夫はズルイ

だなんて、

娘に失礼すぎて

言えるわけないでしょ。

 

そう思い直した。

 

自分が恥ずかしい。

 

時間

 

本当の感情は・・・

 

子どもが生まれてからは

 

元夫に変ってほしかった。

 

初めての子育てで

不安だったとき、

いっぱいいっぱいだったとき

元夫にちょっとでも支えてほしかった。

 

そこなんだろうな。

今でも。

 

(超絶恥ずかしい話だけど・・・まだ続くよ。このシリーズ)

 

 


無料離婚相談会のお知らせ

離婚相談会チラシ

平成29年11月~12月

多治見市、恵那市、美濃加茂市

女性限定 離婚(夫婦関係)専門

無料相談会を開催します。

→無料相談会の詳細、お申込みはこちら


著書の紹介

子連れ離婚いろは帖表紙

子どもがいるのに

離婚を考える私って

ダメな母親かな?

そう悩んでいるあなたのための本です。

①離婚する前の心の揺れ・自己嫌悪
②私自身の離婚の話
③離婚の準備・基礎知識
④離婚後の制度・お金の話
⑤シングルマザーとして生きるあなたへ

・・・といった内容を記しました。

【著書】

子どもを育てながら離婚を悩むあなたに贈る
 子連れ離婚いろは帖
~心から笑える私になるためのヒント~

ご購入はamazonから
「子連れ離婚いろは帖」販売ページ



amazon売れ筋ランキング
離婚部門第2位

amazonに1,000冊以上ある

離婚分野の紙の本の中

売れ筋ランキング第2位となりました。

2位スクリーンショット

本 > 暮らし・健康・子育て > 恋愛・結婚・離婚 > 離婚
(1,086冊)(2017/9/1 19:26閲覧)




新聞掲載

新聞

平成29年9月1日

岐阜新聞さん(東濃版)朝刊にて

『子連れ離婚いろは帖』の内容、

本を書いた経緯や、本に込めた思いなどを

ご紹介いただきました。

この本のことが

必要な方に届くといいなと思っています。