離婚前 別居

養育費と婚姻費用

 

今回は離婚の知識とテクニックのお話。

 

ノート

 

『養育費』

ご存じの通り

子どもの養育にかかるお金

ですね。

 

男性

 

離婚しても親子は親子のまま。

 

養育費は2人の親で分担していくものなので

 

離婚後、

一緒に暮らしていない方の親(父親)は

一緒に暮らしている方の親(母親)に対して

養育費を支払うわけです。

 

ATMと男性

 

ここでポイントとなるのは、

離婚していれば夫が支払うのは

子どものためのお金だけ

というところです。

 

 

さて、

婚姻費用(こんいんひよう)』

という言葉を知っていますか?

 

これは、

結婚している間の生活費です。

 

 

例え別居していても、

夫婦である間は

夫婦のうちの収入の高い方は、

収入の低い方に自分と同程度の生活をさせる

・・・要するに

収入の高い夫は収入の低い妻に対して

生活費を支払うことになります。

 

「生活保持義務」と言って、

夫婦の扶養義務のようなものですね。

 

離婚届

 

離婚したら夫婦は他人。

 

離婚したら夫が支払うべきは

子どもに対するお金だけですが

 

別居であれば、

「子ども+妻」のために

お金を払うことになるのです。

 

通帳

 

もちろん、

毎月『婚姻費用』を支払うより

『養育費』を支払う方が

夫としては気分的に良いでしょうし、

金額も少なく済みます。

 

(単純に「〇円×△人」というわけではないですが)

 

金銭面で別居と離婚をはかりにかけるなら

離婚の方が男性にとって好都合

ということが多いのですね。

 

(扶養家族がいることで手当などをもらっていると
 一概には言えないかもしれませんが)

 

 

例えば・・・

 

小学生(14歳以下)の子どもが1人いて、

夫の年収が500万円、

妻の年収が100万円という場合で

養育費・婚姻費用算定表を見てみると・・・

 

「養育費」・・・月4~6万円

「婚姻費用」・・・月8~10万円

となっているわけです。

 

夫としては、婚姻費用より

養育費を払う方が楽ですよね。

 

女性

 

このネタは、離婚を急ぎたいのに

夫がイマイチ乗り気でないときに

使う方もいらっしゃいますね。

 

※ちなみにこの話は夫が妻より収入が高く、
 離婚したら妻が子どもの親権をもつ想定です。

 


 

新聞掲載

新聞



9月1日の

岐阜新聞さん(東濃版)にて

『子連れ離婚いろは帖』の内容、

本を書いた経緯や、本に込めた思い、

また、私のことをご紹介いただきました。

この本のことが、

必要な方に届くといいなと思っています。



amazon売れ筋ランキング
離婚部門第2位

 

amazonに1,000冊以上ある

離婚分野の紙の本の中

売れ筋ランキング第2位となりました。

 

2位スクリーンショット

本 > 暮らし・健康・子育て > 恋愛・結婚・離婚 > 離婚
(1,086冊)(2017/9/1 19:26閲覧)

 


ひざを抱える女性

子どもがいるのに

離婚を考える私って

ダメな母親かな?

そう悩んでいるあなたのための本です。

子どもを育てながら離婚を悩むあなたに贈る
子連れ離婚いろは帖
~心から笑える私になるためのヒント~



子連れ離婚いろは帖表紙



ご購入はamazonから

→「子連れ離婚いろは帖」販売ページ



出版記念の無料電話相談
についてはこちらから

→出版記念イベントについて