子連れ離婚、離婚後の生活、面会

面会で母親のあなたが気をつけること1
子どもの都合

 

前回は、

→面会の心がまえ

をお話しました。

 

今週は

面会で母親のあなたが気をつけること

をお伝えしていきたいと思います。

 

今回は、

1、子どもの都合が優先

ということ。

 

 

勉強する女の子とお母さん

 

1、子どもの用事

 

子どもの学校行事・園行事

支障がないように、

また習い事やお友達との約束にも

支障がないように

スケジュールを考えましょう。

 

スケジュール

 

「子どもに会いたい」

という父親の思いと、

「父親に会わせなきゃ」

という母親の思い、

それも大事ですが・・・

 

子どもは子どもの世界で生きています。

狭い世界で

そこを十分に理解して

協力してあげましょう。

 

・面会のために

 子どもがお友達とのイベントに

 出席できない

・面会のために

 子どもが頑張っている習い事を

 欠席させる

 

などということがないように

気をつけたいものですね。

 

サッカー フットボール

 

 

2、子どもの体調

 

一緒に暮らしていない父親には、

子どもの様子はわかりません。

 

子供の体調が悪いときは

「昨日から熱が38度ある」などと

具体的に状況を伝えたうえで

面会の約束を延期してもらうよう

お願いして、

子どもの体調をしっかり守りましょう。

(「中止」ではなく「延期」がいいですね。)

 

親権と監護権

 

また、常に子どもの体調を

管理している母親は

子どもの体調に敏感です。

子どもが熱を出す前のサインにも

気が付きます。

 

特に小さな子を育てている場合、

熱はなくても、

・いつもより甘えてくる

・食べ方がいつもと違う

・いつもより睡眠時間が長い など

 

「今無理したら熱出すかも?」

という感覚ってありますよね。

 

でも、父親というのは、

こういったことに(一緒に暮らしていたとしても)

なかなか気がつかない人が多いものです。

 

特にたまに遊ぶだけの場合は、

父親も子どもつい

遊びに夢中になりやすいですしね。

 

面会

 

面会を延期するほどではないにしても、

「ちょっと体調を崩しそうだから」

「発表会前・テスト前の今、

体調を崩すと困るから」

と、理由を父親に理解してもらって

 

・お迎えの時間を早くする。

・遊びの内容を変えてもらう。

(「プールはなし」「屋内で遊ぶ」など)

 

と、父親にも

体調維持の協力を頼みましょう。

青空でシャボン玉遊びをする女の子

 

 

 

次回も引き続き、

面会で母親であるあなたが

気をつけること

をお伝えしたいと思います。

 


前の記事
→面会の心がまえ



次回
「面会で母親のあなたが気をつけること」シリーズ
子どもが「会いたくない」と言ったら?