私の思い 離婚相談 誰にする?

幸せな人には相談したくない

 

 

離婚の不安、

誰に相談したいですか?

 

ひざを抱える女性

 

幸せな人には相談したくない

 

私はそう思っていました。

私だけですか?

 

家族

 

「幸せな人」というのは

夫とうまくやっている女性のことです。

 

夫がいて、夫と仲が良く、夫と協力して

生活や子育てをしている人は

幸せそう

と私の目に映っていました。

 

 

羨ましかったんだと思います。当時は。

 

相談

 

夫とうまくやっている人は

「離婚=不幸、かわいそう」

「離婚=できる限り避けるもの」

「結婚を続けるより、離婚した方が大変」

と思っていることが多いです。

 

ガッツポーズで微笑む女性

 

世の中には

「離婚した後の方が幸せ」

「夫がいる生活の方が大変だった」

という人もたくさんいるんですが、

 

自分がそうなってみければ

なかなか気づけないですよね。

 

だからでしょうか、

幸せな人が悪意なく発した言葉

傷つきもするし

惨めにもなる。

 

女性

 

離婚調停の調停委員さんとか、

自治体の女性相談員さんとか、

 

(男性ではなく女性がいるという点で
 だいぶマシなのかもしれないけれど)

 

もっと

離婚経験者を入れてもいい

と思うんですけどね。

 

いかんせん、

私たちより

年代や家庭環境が上

「いいご家庭の」「よくできた」方が

多いですよね。

 

 


 

今朝の岐阜新聞さんで
ご紹介いただきました。

 

新聞

 

本日(平成29年9月1日)の

岐阜新聞さん(東濃版)にて

『子連れ離婚いろは帖』の内容、

本を書いた経緯や、本に込めた思い

また、私のことをご紹介いただきました。

 

この本のことが、

必要な方に届くといいなと思っています。

 

 


 

ひざを抱える女性

 

子どもがいるのに

離婚を考える私って

ダメな母親かな?

 

そう悩んでいるあなたのための本です。

 

子どもを育てながら離婚を悩むあなたに贈る
子連れ離婚いろは帖
~心から笑える私になるためのヒント~

 

子連れ離婚いろは帖表紙

 

ご購入はamazonから

「子連れ離婚いろは帖」販売ページ

 

出版記念の無料電話相談

についてはこちらから

出版記念イベントについて