私の思い

強いから離婚できた?

 

鈴木亜紀子 ご相談中

 

 

あきこさんは強いから離婚できたのよね

 

先生は立派な職業があるから

離婚も簡単だったでしょうが

 

 

そんなことを言われることがあります。

 

 

Lサイズ

 

私は3歳の子を連れて離婚しました。

 

私は今母子家庭で

親子ともども元気に楽しくやっています。

 

でも

 

私が特別だったわけではありません。

 

 

私だって不安でした。

自信がありませんでした。

 

夫に怯えて、

夫の顔色をうかがって、

夫の行動を計算して・・・

 

幼い子どもにはもちろん振り回されて

 

頭をかかえる女性

 

 

離婚を悩んでいたときの私は

強くなんてありませんでした。

 

『自分』

はどこかに行ってしまっていました。

 

女性

 

そもそも

 

就職して早々

結婚で退職してキャリアを降りて、

 

結婚後に就いた仕事も

早々に子どもを授かって辞めて

 

ロクな職歴もないまま

専業主婦になって子どもを育てていました。

 

 そのうえ田舎で女が就職するには 
 邪魔になるような学歴はついているし。
 (結局、就職せず自営になったのでいいですが)

 

 

女性

 

娘が生まれてから3年間

ずっと頭のどこかに

『離婚』 

の文字はあったけれど

 

子どもをもつ者として

『離婚してはいけない』

決めつけていました。

 

子どもがいるのに離婚を考える自分を

責めていました。

 

よい夫婦関係を築けない自分を

責めていました。

 

精神不安定な母親である自分を

責めていました。

 

自分が嫌いでした。

自信なんてありませんでした。

不安だらけでした。

 

ひざを抱える女性

 

私が特別だったわけではありません。

 

特別だから離婚できたわけではありません。

 

女性

 

あるとき

『覚悟』 が『不安』を上回ったのです。

 

ご立派な仕事があったわけではありません。

経済的な自信があったわけではありません。

 

私が特別だったわけではありません。

 

PCと女性

 

このブログの中でも

著書『子連れ離婚いろは帖』の中でも

 

随分と離婚前の等身大の自分を

さらけ出していますが

 

離婚する人は特別な人ではない

 

他のみんなも同じように

  不安を感じて悩んでいる

 

とわかってほしかったのです。

 

本を読む女性

 

 

もちろん、みなさん、

シングルマザーになってからは

強くなりますよ♪

 

 


 

ひざを抱える女性

子どもがいるのに

離婚を考える私って

ダメな母親かな?

そう悩んでいるあなたのための本です。

 

子どもを育てながら離婚を悩むあなたに贈る
子連れ離婚いろは帖
~心から笑える私になるためのヒント~

 

子連れ離婚いろは帖表紙

 

ご購入はamazonから

「子連れ離婚いろは帖」販売ページ

 


 

出版記念の無料電話相談

についてはこちらから

出版記念イベントについて