離婚後 母子家庭 お金 制度

高校生等奨学給付金

 

 

高校生の子どもを育てる家庭のための制度として
前回「就学支援」を紹介しました。
詳しくはこちら→就学支援(高校生の子どもがいる家庭) 

 

 

就学支援は授業料を支援する制度でしたが、

今回はさらに、

授業料以外を支援する制度である

「高校生等就学給付金」

の紹介です。

 

子

 

授業料は就学支援で支援していますが、

実際に高校に通っていると

授業料以外にも負担があります。

 

教科書代、教材代、

入学時の学用品の購入費用、

校外活動費用など・・・

 

その負担を少しでも軽くして、

なるべく多くの子どもたちが

安心して高校に通えるように

・・・という制度です。

 

 

こちらは前回紹介した就学支援

(多くの家庭が対象になる)とは違い

対象となるのは限定された家庭です。

 

生活保護受給世帯

・公立高校・・・年32,300円

・私立高校・・・年52,600円

 

非課税世帯

・公立高校・・・年75,800円(第一子)

年129,700円(第二子以降)

・私立高校・・・年84,000円(第一子)

年138,000円(第二子以降)

 

※全日制高校の場合

 

こちらは就学支援(学校に交付)と違い、

直接保護者が受け取るものです。

 

詳しくお聞きになりたい方は

各都道府県に公立用と

私立用の窓口があるので

 

お子さんの通う学校の区分に合わせて

お問い合わせください。

 

(問い合わせ先)
文部科学省のサイトより
高校生等奨学給付金のお問合せ先一覧

 

(参考)
文部科学省のサイト
「高校生等奨学給付金」リーフレット

 


 

前回は、就学支援についてでした。

就学支援(高校生の子どもがいる家庭)