母子家庭日記、私の気持ち

男と女?
自分の好きなものは自分で決める。

 

 

先日、

娘のお友だちがおうちに遊びに来ました。

 

え~?ポケモン?ナニコレ?

男のやつじゃん!!

 

という声が聞こえました。

 

どうやら娘の

ポケモンのオモチャを見つけての

お友だち(女の子)の発言のよう。

 

ポケモン

 

夜、2人になってから娘が

明日、○○ちゃん、

そのことみんなに言うかも

と言いだしました。

 

その子が娘のことを

ポケモンが好きなんだよ~。

男のやつなのにね~。

(おかしいよね~)

と他の子に言うのを心配している様子。

 

うつむく子ども

 

その子が、娘の想像通り

周りの子にそう言っていたら

どうするかと娘に聞くと

 

「別に好きじゃないよ」

とウソをつく

 

との返事。

 

私は

 

「なんで男とか女とか言うの?

 どうしてあなたに

 決められなきゃいけないの?

 私が好きなものは私が決めるの!」

って、言いいなよ。

 

と言ったのですが・・・

 

言わない

 

とのこと。

 

 

 

翌朝も

 

自分の好きなものは

自分が決めたらいいんだよ。

他人にとやかく言われるものじゃない。

 

という私の意見とはウラハラに

娘は

 

たぶんウソつく

(ポケモンは好きじゃないと言う)

 

と言いながら登校しました。

 

 

学校から帰ってから

どうだったか聞くと

 

○○ちゃんが周りの子に言うと思って

「ポケモン好きじゃないよ」

って、先に言っておいた。

 

だそうです。

 

 

 

大人でも、

誰かの「決めつけ」による発言が

それに当てはまらない誰かを傷つける。

いろんな人がいて当然なのに。

 

そのうえ、

子どもは世界が狭いから難しい。

 

 

うつむく子ども

 

娘の気持ちもわかる。

 

・・・というか

 

私だって、今でこそ

『自分のことは自分で決める』

と言えるけど

ちょっと前までの私だったら

娘と一緒だったかも。

 

ひざを抱える女性

 

だから娘に

「戦ってこい!」

なんて言わないけど。

 

ハート

 

自分の好きなものは

他の誰でもない

『自分で』選んだらいいと思ってる。

 

(それを大きな声で周りに言うかどうかは別だけど)

 

男女

 

ついでに・・・

 

「男」、「女」でくくられること

私は好きじゃない。

 

シングルマザーはそれでは生きづらい。

 

いろんな人がいていいし、

誰かの「当たり前」に

合わせる必要はないよね。

 

それに、わざわざ傷つく必要もないよね。

 

 

市の「男女共同参画」の審議会委員もやっているから

こういう発言、

余計に意識しちゃうのかもしれないです。

 

 


 

ちなみに娘はポケモンが好きなので
去年のお誕生日旅行で
(甲子園のキッザニアに行った翌日)
大阪のポケモンエキスポに行ってきました。
トイレ標識がかわいかった。
 ↓↓↓

1478397646311

 

 

前回は、出版のご案内でした。
子連れ離婚と子育てに関する本を出版します。