離婚後・制度、相続

離婚後、元夫が亡くなったら?
何もいらないんだけど。

 

 

離婚後、夫が亡くなったら?

というお話の中で

離婚後も子どもたちは相続人

というお話をしました。

 

子ども

 

 

相続というのはプラスの財産だけでなく、

マイナスの財産も引き継いでしまいます。

 

・・・要するに、

借金も相続してしまうということです。

 

銀行

 

金銭面が問題で離婚した方の中には

元夫が亡くなったときに

借金がどれだけあるか?

と心配している方も。

 

 

ファイル

 

相続には『放棄』

という制度があります。

 

相続人という立場を放棄するものです。

放棄をしてしまえば、

その人は相続人ではなかった

ことになります。

 

  借金も引き継がなくていいですが、

  プラスの財産も引き継げません。

 

先日、相続人になる人の優先順位を

①妻と子(もしくは子)

②妻と親(もしくは親)

③妻と兄弟姉妹(もしくは兄弟姉妹)

とお伝えしました。

 

詳しくはコチラ
元夫が亡くなったら?相続人は誰? 

 

携帯電話で通話する老人

 

子どもが相続を放棄したら、

子どもがいなかったことになるので

元夫のご両親などが相続人になる

可能性があります。

 

時間

 

相続の放棄は基本的に

死亡から3カ月以内

にしなくてはいけません。

(正確には例外もありますが、ここではザックリと)

 

そして、

よく皆さん誤解なさっているのですが・・・

 

相続放棄というのは

何も遺産を引き継がないこと

「何もいらない」と他の遺族に言うこと

ではないのです。

 

法的な効力を発生させる

相続放棄というのは

相続人という立場であっても

 受け取る財産がゼロであってもいいのですが。

相続人という立場でなくなることです。

 

 

家庭裁判所に対して

申し出て行うものです。

 

詳しくは

家庭裁判所や法テラスなどに相談

してください。

 

法テラス・・・全国にある組織で、
適切な専門家につないでもらえるので
「どの専門家に相談するべき内容かわからない」
というような場合も、
とりあえず聞いてみてください。
全国対応で平日夕方以降や土曜もやっています。
TEL:0570-07-8374
各都道府県の法テラスに電話しても。

 

 

祖父母

 

借金がなく、

(相続人が負担を引き継ぐ可能性がなく)

ただ「特に何もいらないです」というだけ

であれば、「相続放棄」をせず

元夫のご家族との話し合いの中

「遺産はいりません」

「離婚後に元夫を支えてきた

 そちらのご家族で引き継いでください」

などと気持ちをお話して、

遺産分割を決めれば済むことです。

 

押印

 

相続人であるお子さんたちは

たとえ何も遺産を引き継がないとしても

相続人という立場ではあるので

話し合いの内容を反映した書類

(遺産分割協議書)

判を押す必要はあります。

 



前回は、元夫が亡くなったときに
相続人となる子どもが未成年であるときのお話でした。
子どもは未成年なんだけど。