離婚後・制度、相続

離婚後、元夫が亡くなったら?
子どもは未成年なんだけど。

 

 

離婚後、

元夫が亡くなったときの相続について

お話しています。

 

これまでに

 

離婚後、

母親が親権を持っていたとしても

父親が亡くなったときには

子どもたちは相続人になりますよ

 

とお伝えしてきました。

 

 

 

子

 

うちの子、未成年だけど?

 

・・・と言う方も多いですが

 

未成年も財産は持てます。

(未成年でもお金や銀行口座を持っていますよね)

 

未成年も相続人になれます。

 

契約書

 

ただ・・・

 

(ここからは法律のお話です。
日常生活では関わらないかもしれませんが)

 

金額の大きくないお買い物は

未成年でも1人で行っていますが

何か重要な契約を結ぶときは

未成年の場合、親が「同意」や「代理」

しますよね。

 

「親」というか・・・
正確にはこれは「法定代理人」と呼びます。

 

 離婚前の話し合い「親権者」のところで
 未成年が契約をするときに代理人になる権利
 「親権」について、
 親権と監護権のお話をしました。
 詳しくはコチラ→「親権」と「監護権」 

 

通常であれば

親(親権者)が子どもの法律行為

(この場合であれば遺産の相続)に対して、

同意をしたり代理人になったりする

わけです。

 

押印

 

・・・が、いろいろと勉強した方の中には

母親は子どもの代理人に

 なれないのでは?

という疑問を感じる方も。

 

母親も子も相続人であるとき

その相続について

母親は子どもの代理人になることができません

 

母親にとって有利な条件が

子どもにとって不利な条件となりうるから

です。

 

通帳

 

『法律での』話なので
「そんなことないわよ」という
 ツッコミはおいておいて・・・

 

例えば・・・

夫が亡くなって、

あなたと子どもが相続人になりました。

そのときに、母親のあなたが

子どもの代理人にもなれるのであれば

「母親のあなたが950万、

 子どもが50万遺産を受け取る」と、

自分にだけ有利で子どもに不利な条件

話をまとめることができてしまいますね。

 

 

ですから、相続人同士では遺産分けのときに

代理人にはなれないのです。

 

指輪

 

ただし、

離婚していれば元妻のあなたは

元夫の相続人ではありません。

 

母親の利益が子どもの不利益になる

と事態は発生しないのです。

 

ですから、

母親のあなたは離婚後、元夫の相続について

お子さんの代理人になることができる

のです。

 

 

祖父母

 

未成年1人につき代理人が1人必要なので

お子さんが複数の場合は

身内の方にでも頼んでください。

成人で相続人以外の方なら弁護士などでなくてもOKです。)

 

 

 

ただし・・・

もめそうな話のとき(いろいろ事情を抱えているとき)は

早めに弁護士や法テラス

に相談してください。

 

法テラス・・・
 全国対応で平日夕方以降や土曜もやっています。
 TEL:0570-07-8374
 各都道府県の法テラスに電話してもOK。
 弁護士の知り合いもいないし、誰に相談したらいいか? 
 というときに専門家につないでくれます。


スマホ



前回は、離婚後に元夫が亡くなった場合に
誰が相続人になるのかを説明しました。
相続人は誰?