離婚前の話し合い、離婚後の制度・手続き

離婚後、元夫が亡くなったら?相続のお話

 

 

子連れ離婚世代にはあまり馴染みのない

『相続』

 

私自身は、

夫が亡くなったときのことまで考えて

離婚の話し合いをする必要はないと

思っています。

(可能性の低いことまであらゆる場面を考えすぎて
 混乱して前に進めなくなる人をよく見るので)

 

男性

 

でも

 

養育費や財産分与の話し合いの中で

 

離婚後、俺に何かあったら

子どもに何も残らないじゃないか。

俺の保険をこのままかけ続けてやる。

だから養育費はこれだけしか払わない。

(財産分与はこれだけしか払わない)

それでいいだろう。

 

なんてことを言ってくる夫もいますので

ここでちょっとお話しておきましょう。

 

 

ご存知かと思いますが

 

相続とは・・・

亡くなった方の財産を

相続人が受け継ぐこと

 


 

通帳

 

もちろん、

夫婦は離婚したら他人になるので

離婚後に元夫が亡くなっても

元妻のあなたは相続人にはなりません

 

もし、元夫が再婚していたら

再婚相手(その時の妻)は相続人ですね。

 

指輪

 

でも・・・

 

子どもは離婚しても相続人のままですよ。

 

たとえ離婚後、

一緒に住んでいなかったとしても

何年も会っていなかったとしても。

 

だから、

保険のように受取人が決まっているものは別として

貯金や不動産などの財産については

相続人としての権利をもっています

 

子ども

 

「離婚したら子どもに何も残らない」

ということではないですね。

 


 

前回は私の思いを綴りました。
シングルマザーとして、離婚に携わる者として
 「持ち物ないなら学校行こうかな」