離婚 手続き 戸籍

戸籍の郵送請求の仕方

 

前回、戸籍の取り寄せの話が出たので

ここで戸籍の郵送での取り寄せ方法について

お話しておきましょう。

 

本籍地以外の役所に離婚届出を出す場合
戸籍謄本を提出
→離婚届の出し方

 

戸籍や住民票などを
郵送で取り寄せる方法

 

手紙

 

 

郵送で取り寄せる場合の申請用紙

自治体のHPに掲載されていますので

取り寄せる市役所のサイトから

ダウンロードして、

必要事項を記入しましょう。

 

 

PCと女性

 

戸籍謄本(こせきとうほん)」

というのは

戸籍全体(戸籍に載っている人全員)のもの

 

戸籍抄本(こせきしょうほん)」

というのは

戸籍の一部(請求する人の部分だけ)のもの

です。

 

戸籍謄本」をとりましょう。

 

 

筆頭者」という欄がありますが

これが戸籍のインデックスのような

役割を果たしています。

戸籍のはじめに筆頭者がいて、

その戸籍に他の家族が入るような形です。

 

現代では

3世代で同じ戸籍に入ることができないので

たいてい結婚のときに両親の戸籍から出て

新しく夫婦で戸籍を作り直していますので

夫の名前を書きましょう。

ご自分を筆頭として戸籍を作った場合は、ご自分の名前です)

 

計算機

 

戸籍の発行手数料は、

窓口では現金で払いますが

普通郵便では現金を送ることができないので

「定額小為替(ていがくこがわせ)」

で支払います。

 

定額小為替は郵便局で購入できます。

 

金額については自治体によって違いますので

請求する自治体のHPで確認してください。

(450円のところが多いかな)

 

 

発行には1枚100円の

手数料がかかります。

 

450円の戸籍を取るのに

550円かかるということですね。

(後は往復分の切手代も)

 

申請書
・本人確認ができるもの
 (運転免許証のコピーなど)

切手を貼って
返信先住所を書いた返信用封筒
定額小為替

 

を入れて郵送すればOKです。

 

 

比較的大きな自治体では

市役所の戸籍課(もしくは「市民課」)ではなく

「証明書センター」

のようなところで郵送での

証明書請求を管理していることもあります。

(うちの近くだと名古屋とかね)

 

請求には1週間くらいかかる

(場合によってはもっとかかることも)ので

必要な場合は余裕をもって

準備しておきましょう。

 


 

前回は

離婚届の出し方