日記 離婚後 私のこと

面会の朝(正直な私のこと)

 

私の話です。

 

離婚して4年がたちました。

娘とパパの面会はいまだ続いています。

 

指輪

 

ゴールデンウィークにも面会がありました。

 

わざわざ遠方から会いに来てくれることも

娘との関係が良いことも・・・

 

ありがたいんです。

ありがたいことだと

思ってはいるんです。

 

「子どもが父親とも絆を感じられるといい」

「夫婦関係はなくても

親子関係は続けられるといい」

専門家としても言っていますし、

自分でもありがたいことだと思っています。

 

本当に思っているんです。

(ウソじゃなくて。面会当日以外は)

頭では理解しています。

 

・・・でも

 

 

 

面会の日は毎回取り乱します。

 

キッカケは些細なことなんです。

いつもと同じことなんです。

 

子どもが時間までに
出かける準備をせず
何度出かける時間を伝えても
別のことをしている

 

とかなんです。

 

砂時計

 

で、私としては

 

彼に「遅れます」の連絡をするのも嫌。

時間に遅れて彼から連絡があるのも嫌。

 

そもそも

彼と顔を合わせなくてはいけないのが嫌。

(送迎と子どもの受け渡しで)

(だからナーバスになっている)

 

そして、

 

なかなか出かける準備をしない子どもに

ガミガミ言ってしまう自分に自己嫌悪。

(まあ、それは普段もなんですが)

 

 

 

そこに

 

なんであの人のために

子どもに嫌なこと

言わなきゃいけないの?

 

なんであの人のために

こんな気持ちに

ならなくちゃいけないの?

 

という気持ちが追加されます。

 

ひざを抱える女性

 

 

どうして

約束や時間を守らないあの人のために

私たちがあくせくしなきゃいけないの?

 

結婚生活中を思い起こせば

「帰る」と言った時間から

1時間、2時間遅れるのは当たり前。

その日に帰ってこないことだって

何度もあって

1日遅れることも普通だった

あの人のために。

 

時間や約束を

守らないあの人のために

なんで私たちが

こんな思いになって

焦ってるの?

 

 

そんな気持ちがグルグルグルグルして

すごく取り乱します。

 

 

待ち合わせ場所まで運転しながら

 

ああ、

こんなに取り乱してちゃいけない。

事故る。

冷静にならなきゃ。

娘にもこんな顔見せたくない。

娘だって

どうしていいかわからないだろう。

娘に悪い。

 

と、自分を保とうとしつつ

それでも気持ちがなかなか止まらない。

どうしても気持ちが

あふれ出して止まらない。

 

いつになったら

何の心の揺れもなく

面会に連れていけるように

なるのかしら?

 

 


 

前回はGWの母子家庭日記

我が家のGWの恒例行事

岐阜県の東白川村という田舎で1日お外で遊びました。

つちのこフェスタ