子連れ離婚に関する手続き

離婚と戸籍のはなし

 

今回は

離婚にまつわる手続きの話

をしましょう。

 

公正証書をつくるということ

 

 

未成年の子がいるご夫婦の離婚の場合、

離婚届に親権者について記入

しなくてはいけません。

(お子さんが結婚している場合は別です)

 

しかし、母親であるあなたを

親権者として離婚届を出しても、

子どもが自動的に

あなたの戸籍に入るわけではない

のです。

 

離婚届

 

 

日本の戸籍は、昔の「イエ制度」の

流れを引き継いだ形です。

 

戸籍には「筆頭者」(だいたい男性ですね)

がいて、これが戸籍の目次のような

役割を果たします。

 

筆頭者は固定されて、

筆頭者以外の人がその戸籍に

出たり入ったりする形

になります。

 

結婚のときに、夫を筆頭者として

新しく戸籍を作った

という方が多いでしょう。

 

 

結婚して、

その戸籍に妻であるあなたが入ります。

子どもが生まれると、

その戸籍に子どもが入ります。

 

離婚前は、夫を筆頭とする戸籍に、

あなたと子どもが入っている状態です。

 

 

関係の悪い夫婦

 

離婚すると、妻のあなたは

その戸籍から抜けます。

 

そしてあなたは新しく

自分を筆頭とする戸籍を作ります。

(親の戸籍に戻れなくもないのですが、

 子どもをその戸籍に入れられなくなるので)

 

でも、

子どもは(元)夫を筆頭者とした

戸籍に残ったままなのです。

 

ですから、

新しく作った自分を筆頭とする戸籍に

子どもを入れる手続き

をしなくてはなりません。

 

サービス紹介

 

離婚で旧姓に戻した場合は・・・

 

まずは、

家庭裁判所で子供の氏を変える許可

を取ってくる必要があります。

 

裁判

 

時間のかかる許可ではないのですが、

タイミングによっては

「今裁判中で裁判官が判を押せないので後日郵送します」

などと言われてしまうことも。

念のため切手を持って行くといいでしょう。

 

ちなみにこの手続きは、

子供が15歳未満のときは母親が、

子供が15歳以上であれば子ども自身が行います。

 

 

そして、

家庭裁判所で判を押してもらった

この書類をもって

今度は市役所に行き、

子供を自分の戸籍に入れる手続き

をします。

 

そこまでできて、晴れてあなたと子供が

同じ戸籍・同じ苗字になります。

 

契約

 

 

離婚届を出す際に、

親権者となる母親には

市役所から

「こんな手続きが必要です」

という案内があるかと思います。

 

それに従ってひとつひとつ

手続きを進めていけば大丈夫です。

 

 

 市役所でも家庭裁判所でも
 教えてもらえますからね。
 心配しないで大丈夫ですよ。

 

鉛筆とノート

 


 

ちなみに私は・・・

 

本籍が香川県にあり、

(結婚のときは香川県にいました)

東京都で離婚届を出し、

(離婚のときは東京都にいました)

新しい戸籍を岐阜県に作ったので、

(離婚して地元岐阜県に引っ越しました)

 

役所同士のやりとりと戸籍の反映に

 何日かかかりますね。

 

 

ということで、

1週間ほど、娘と違う苗字でした。

 

コップの水を飲む母親と娘

 

そして、家庭裁判所に行って初めて、

この許可にお金が必要ということを知り

(自分の子を自分と同じ苗字にするだけなのに
 1人800円って高くない?)

 

しかもそれが現金ではなく

収入印紙で納めなくてはいけないと知り、

(裁判所内で印紙の販売をしていなかった)

 

ちょっと(いや、けっこう)ゲンナリしたのも、

もう3年前のことです(笑)

 

顔写真2 - コピー

 

是非、

あなたが家庭裁判所に行くときには

収入印紙(800円×子供の人数分)

 と切手

を持って行きましょうね。

 

 

 

前回は、お知らせでした。
→ラジオに出演します


次回は金融機関での相談会イベント
のお知らせです。
→信金さんの日曜営業で無料相談会を行います