離婚前 財産分与

財産分与に含むもの
含まないもの
結婚前に築いた財産

 

今回は財産分与のお話です。

 

家、車、貯金のほとんどを

夫の名義としてきた夫婦が

何も決めずに離婚したら・・・

 

妻はその後の生活で

不安定な立場になりますよね。

 

それを避けるために行う財産分与

 

離婚時の名義にこだわらず

「夫婦で築いてきた財産」

を分けることです。

 

通帳

 

さて、

 

何が、

「離婚の時にわける夫婦の財産」

(「共有財産」と言います)で、

 

何が、

「離婚のときに分けない個人の財産」

(「特有財産」と言います)でしょうか。

 

ノートと計算機

 

離婚の時にわけるのは(財産分与に含まれるのは)

「夫婦で築いてきた財産」です。

 

もちろん

結婚してから2人で貯めてきた貯金は

名義が夫婦のどちらになっていたとしても

「夫婦の財産」として離婚のときに

財産分与として分ける財産になります。

 

 

通帳の名義が夫になっていたとしても

結婚生活中に貯めてきた貯金は

財産分与として

夫婦でわけることになります。

 

 

じゃあ、

結婚する前に

私が貯めた貯金は??

 

これは、

「夫婦で築いてきた財産」ではないので

あなた独自の財産(特有財産)となります。

 

要するに、

離婚のときに財産分与として

分ける必要がありません。

 

ちなみに、どちらかが結婚前から
持っていた財産であっても
結婚生活中、2人で協力して
価値を高めたものであれば
その高まった部分については
財産分与の対象と言われています。

 

 

他にも、

「これは分けなきゃいけない?」

と疑問を持ちそうなものについては

これから何回かに分けて

お話していきますね。

 

こちらもどうぞ
矢印矢印矢印
子どもの貯金はどうしたらいい?
学資保険はどう分ける? 


※もちろん、これまでお話してきたように
 「こう分けなければいけない」という
 決まりはないので
 「貯金はそのまま夫に。私は車をもらう」
 という決め方もOKですよ。





前回は、我が家の母子家庭日記
・・・というか、私のシングルマザー日記
我が家の娘は1年前に小学校に入学しました。
小学校に入ってから親の名前を目にすることが
増えました。
小学生の母になってきづいたこと 



 

財産分与について、
ける?分けない?どうやって分ける?
などの疑問はこちらから

矢印矢印矢印

財産分与(まとめ)