私の思い、離婚前・慰謝料

「離婚」って慰謝料のこと?

 

 

今回は、

「離婚」って慰謝料なの?

というお話、私の想いです。

 

母子家庭の日々

 

離婚の話をすると、周りから

「慰謝料、とれるだけ取ってやりな」

「不倫の証拠つかんで慰謝料もらいなよ」

「慰謝料を払わなくて済むなら、

  うちも離婚したいけど」

(↑これは男性のセリフ)

 

などと言われることがよくあります。

 

慰謝料

 

「離婚といえば、慰謝料。」

そう考えるのは、おそらく

本気で子連れ離婚を考えたことのない人

だと思います。

 

 

強制執行

 

例え、浮気の疑惑があったとしても、

慰謝料については

取り決めをしないことも多いです。

 

 

慰謝料という言葉を出すと、

相手の話し合いに対する

警戒心も強くなります。

 

面会・暴力をふるう夫

 

話し合いにならずに、

離婚までが長くなりがちです。

 

敵対心ばかり強くなり、

養育費などの他の大事な話し合いも

進まなくなってしまう可能性が

あります。

 

 

「慰謝料がとれるかも」

と夫の不倫をつきつめて

 

わざわざあなた自身をこれ以上

傷つける必要がありますか?

 

これから子どものために

離婚の話し合いをしようというときに、

夫との仲を険悪にする必要が

ありますか?

子連れ離婚専門

と、私は考えるのです。

 

 

 

慰謝料の支払いが続く間いつまでも

「私は傷つけられた」

「私は傷つけてもよい人間だったんだ」

と感じるのは辛くないですか?

 

「私の気持ちは何円」

「いくらもらえば許せる。」

「いくらなら許せない」

などというものでもないでしょう。

 

離婚って慰謝料なの?

 

 

 

本当に離婚する気があるのなら、

本当に子どもとあなた自身を

幸せにする気があるのなら、

 

慰謝料よりも

養育費や面会など、

子どもの成長に関わる話し合い

を優先した方がいい。

と私は思います。

 

仲良し親子

 

「離婚の話し合い=慰謝料の話し合い」

ではありません。

 

 

もちろん、夫が

「支払う」

と言うので受け取ればいいです。

生活の立て直しに使えるお金が

たくさんあれば安心ですからね。

 

お金

 

でも、慰謝料の話をして

話し合いを複雑にしたり、

余計にあなた自身を傷つけるより、

養育費や面会など、

子どもの将来のためのこと

子どもとあなたが、

これから幸せに生活していくためのこと

を先に考えた方が良い

というのが私の意見です。

 



前回は、再婚する場合の
子どもと新しい家族についてのお話でした。
→養子縁組する?しない?


次回は、
「口約束だけではダメ」とは聞くけれど、
何をしたらいいかわからないという方へ、
離婚のときにつくる書面
についてのお話です。
→どんな書面をつくったらいいの?