離婚前・離婚の話し合い

本当に自由に決めていいの?

 

 

前回、

 

離婚の条件について

「こうでなくてはいけません」

ということはほとんどありません。

 

と、お話しました。

 

裁判

 

 

「じゃあ、本当に自由に決めたらいいの?」

「好きなだけ請求していいの?」

「このサイトに書いてあることは読まなくていい?」

 

との疑問が聞こえてきそうですが・・・

 

パニック

 

やっぱり

『相手のあること』

なので

 

相手の状況や気持ちを考えたうえで

話し合いに臨まなくては

話し合いがうまく進みません

 

「世間一般からあまりにも外れた条件」

を突き付けてしまうと

相手も臨戦態勢になってしまいます。

 

 

 

『敵対心むき出しの争い』

ではなく

『子どものことを考えた両親の話し合い』

にしたいですよね。

 

それに、相手(夫)が

「調停→裁判まで持ち込んだら

自分に勝ち目がある」

と思えば、強気にも出られます。

(特に男性側は離婚を急ぐ理由がない方も多いので)

いつまでも話し合いに決着がつきません。

 

しかし、『妥当な範囲』であれば

話し合いもしやすいですね。

 

男女

 

 

以前、

 

このサイトに書いてあることは

『絶対にこうしなさい』

ということではなく

『他の家庭はどうしてるの?』

ということです

 

とお話しましたが

 

『あなたが気になるだろうから』

だけでなく、

 

話し合いをスムーズに進めるためにも

『他の家庭はどうしたらいいの?』

を知ることは大切ですね。

 

男女

 



前回は
「こうしてもいいですか?」という質問