離婚前 離婚の話し合い

 

完璧な離婚なんてない

 

 

完璧な選択をしたい

完璧に準備できたら離婚しよう。

完璧な条件になったら離婚しよう。

 

そう思っていますか?

 

鉛筆とノート

 

それはムリです。

いつまでたっても離婚できません。

 

(そう思っているなら、本当は離婚したくないのかも? 

 それか今はまだ怖くて踏み出せないのか・・・)

 

 

だって

ありとあらゆる可能性に対応した完璧な選択

なんてありませんから。

 

 

Aに対応しようと思うと

Bという不都合がある。

 

Bに対応しようと思うと

Aという不都合がある。

 

そんなものです。

 

しかも、どれだけあなたが

選択肢を一生懸命吟味したところで

夫という相手がいるものですから

あなたの思い通りに事は進みません。

 

男女

 

ただでさえ、

わからないこと&人生の岐路で

不安になっているこのタイミングで

 

『とっても低い可能性』

まですべて考えて

選択肢をすべて並べて吟味していては

頭の中がパニックになります。

 

何も選べなくなります。

一歩も進めなくなります。

 

中には

「離婚してすぐ私が死んだらどうしよう?」

「知らない間に夫が私を保証人にして借金しているのでは?」

などいろいろ考えてその対応まで考え始めて

パニックになっている人もいます。

こんなときって、何もかもが不安になってしまうんですよね。

 

 

できるだけシンプルに考える。

 

譲れるところと譲れないところの

 メリハリをつける。

 

それがポイントです。

 

完璧な離婚なんてありませんから。

 


 

前回も離婚の話し合いの時期についてのお話でした。
夫への不満をぶつけるより、これからのことを話しましょう。
今さら相手を責めても仕方がない

 

次は、娘が1歳のころ、保育園の一時預かりを
利用したときのお話です。
保育園に「もう来ないで」と言われた