離婚前 夫との話し合い

やっぱり会って話すのが一番

 

 

夫もようやく私が本気だということが

わかったみたい。

離婚にも同意している。

離婚の条件について話し合わなくちゃ。

 

・・・でも

どうやって話し合おう?

 

ひざを抱える女性

 

 

・・・話し合いはできるだけ

会って話す

ことをお勧めします。

 

男女

 

最近は

夫とはあまり会う機会がないので

ラインでやり取りをしています。

という方も多いのですが

会って話した方が速いです。

 

という方も多いのですが・・・

ラインより会って話すことをオススメします。

 

スマホ

 

会って話せば

ラインの既読がつくのを

いまかいまかと待つ必要もありません。

 

スマホがなるたび、びくっとしたり

夫の返事を待つ必要もありません。

 

会って話せば

相手のペースに任せる必要がない

相手にペースを握らせずに済む

のです。

 

パソコン

 

会って話せば

会話の途中で

夫が誰かに相談することや

調べることも避けられます。

 

男性は人に相談するのが遅い傾向があります。

あなたが誰かに相談していても

夫はまだ誰にも相談していない

(親になんとなく報告した程度)

ということは十分にあります。

 

人に相談すればいろんな情報が入ってきます。

人間は自分に都合の良い情報を吸収するものです。

「あいつは養育費払ってないらしい」

「あの家は養育費2万円らしい」

「頑張れば金額を下げることができる」

とかね。

 

頭を抱える男性

 

それに

 

やはり目の前にいた方が

相手の様子がわかります

 

気持ちのやりとり、

ビミョーなニュアンスの違いを察すること

ができますからね。

 

相手の様子に合わせて

臨機応変な対応ができることが

目の前に相手がいるときの最大のメリットです。

 

 

男性

 

話し合いの内容なんて

変わっていくものなのに、

ラインで話したがために、

そのままコピペされて

 

この前はこう言った。これが証拠だ。

 

なんて揚げ足取りをやりあっていては

話し合いは進みません。

 

それにこんなやり方をされると

いい気はしませんしね。

ケンカごしになっちゃう。

 

 

頭を抱える男性

 

仕事がある

疲れた

子どもがいる

 

それはみんなそうです。

 

それでも

仕事の約束だったら

他の都合を調整して相手に会うでしょう?

 

簡単に

 

できない

 

と言われるようなことではないですよ。

 

他の都合を調整して子ども預けて

わざわざ『話し合いの時間』を作る。

 

という負担と覚悟を負うことで

話し合いも少しは有意義な時間になりますよ。

 



前回は、
「早く離婚したい」と言いつつ
夫に本気にされていない方へ
ちゃんと夫に伝えていますか?
というお話でした。

 

次回は、いざ夫の話し合いのときになって
「どうやって話し合おう?」という方へ
早く話し合いを終わらせるには?質問の仕方