子連れ離婚の大百科・養育費

私が再婚したら養育費はなくなるの?

 

 

 

今日は、よくあるご質問

 

私が再婚したら、

養育費はなくなるの?

 

という問題についてお話したいと思います。

 

母親の再婚

 

 

「再婚したら “必ず

養育費がもらえなくなる」

というわけではないのですが、

 

再婚後は養育費をもらわなくなることが

 多いです。

 

パソコン・スマホで好きな時間に相談

 

 

 

離婚しても、子どもと元夫の

親子の縁は切れません。

父親である元夫は、

子ども養育費を支払います。

(親子の扶養義務があります。)

 

数年後、

親権者である母親が再婚をしたとします。

 

ただ再婚しただけでは、

再婚相手と子どもの間に

(法律上の)親子関係ができていません。

(親子の扶養義務がありません。)

 

再婚して、

再婚相手と子どもが養子縁組をすると、

再婚相手と子どもの間に

(法律上の)親子関係が発生します。

(親子の扶養義務が発生します。)

 

※養子縁組についてはコチラ
→養子縁組する?しない?

Fotolia_91978766_XS

 

その場合も、もちろん

元夫と子どもの親子関係が

切れるわけではありません。

 

しかし、この2人の夫の

子供を養う義務の優先度としては、

①再婚相手

②元夫

となるのです。

 

おそらく、あなたが再婚した場合、

元夫から養育費の減額や免除を

要求されるでしょう。

  再婚相手から

  「もう養育費の受け取りを中止したら?」

  と言われるかもしれません。

 

公正証書作成当日

 

再婚相手とあなただけでも十分に

子どもを養育することができる場合、

養育費を減額や免除する

ことになります。

 

 

お金

 

 

ただし、元夫は

今後一切、

 養育費の支払いをしなくていい

(養育費を支払う義務が一切なくなる)

というわけではありません。

 

もし、

あなたと再婚相手が離婚したら・・・

(おそらく子どもとの養子縁組を解消するでしょう)

再婚相手と子どもとの間の

親子関係はなくなります。

(ここは親子関係がなくなります)

再婚相手は子どもを養う義務が

なくなるのです。

 

そういった場合は、また元夫

(子どもが生まれたときの夫)

養育費を請求することになります。

 

養育費を払わない

 

 

再婚相手と子どもが

養子縁組をしない場合は、

(法律上の)親子関係は発生しませんのでが、

 

現実に子どもたちが

裕福な暮らしをしていれば

元夫から養育費の減額を

請求されるでしょうね。

 

面会・暴力をふるう夫

 

 

どちらにしても、

新しい生活を始めたときの

あなたや子どもたちの

気持ちもあるでしょう。

もちろん元夫の言い分もあるでしょう。

 

再婚したら養育費を

  見直すことになるだろう

と覚えておきましょう。

 

前回は受賞のお知らせでした。
→賞をいただきました。


次回は、逆に父親である元夫が
再婚した場合の養育費についてお話しましょう。
夫が再婚したら養育費はなくなるの?