私の思い 活動報告

地域の女子学生との交流
~女性活躍とか言うけれど~

 

 

女性活躍

最近よく聞く言葉ですよね。

 

(私はあんまり好きではないですが・・・)

 

私は、県の女性活躍を進める事業で

活躍する女性

というお役目をいただいており、

(なんかあるんです。県で。そういうのが)

 

その活動の一環として

岐阜県の女子学生

(高校生、短大生、専門学校生、大学生)

岐阜県の女性社会人との

交流イベントに参加してきました。

 

大女子会

 

私は高校卒業まで岐阜県で育ちました。 

 

高校生までの私

 

大人の女性といえば

専業主婦、パート、先生・・・

くらいしか見たことありませんでした。

 

女性で正社員として働く人は
幼稚園の先生、学校の先生、看護師さん
くらいしか見たことがなかったですね。
(どれも比較的女性が多い職種ですね)

 

 

 

その後、私も学校を出て・・・

 

就職、結婚、転職

出産、退職、夫の転勤など

人生を選択することに。

 

 結婚でキャリアを降り、
 出産で次の仕事も辞め、
 専業主婦を経てシングルマザーに。
 結婚、夫の転勤、離婚で
 関東→四国→関東→東海と引っ越し。

 

 

 

これから人生を選択していく

若い女の子たちには

もっといろんな大人を、

もっといろんな大人の女性を

見て、触れて、相談できる環境が

あった方がいいのでは?

 

と思っています。

 

「女性活躍」なんて言葉は好きではないけれど

このように学生さんと

社会人が交流できる機会

良い機会だと思っていて、

今年も参加させていただきました。

 

 

交流の中では学生さんから

自由に質問を受ける時間もありました。

 

複数の職業を経験した社会人として、

子育てをする身として、

たくさんの選択をしてきた身として

いくつかのことを伝えられたかな?

 

私は若い学生さんたちのかわいさに

ホッコリしてパワーをもらいました。

とても楽しかったです。

 



前回は、ご相談について離婚の原因を私からは聞きません」
というお話でした。
離婚の原因は聞きません。

次回は、
子どもを学童にいれて働く母親に対して
向けられる視線について
思うことを書きます。
学童に入れるのがかわいそうなこと?