お知らせ

賞をいただきました。

 

 

今回は

受賞のお知らせです。

 

イノベ

 

 

 

私は、地域の女性専門家

(弁護士・社会保険労務士・税理士)と

「41 girls」(フォーティーワン・ガールズ)

という名前でチームを組んでいます。

 

※「41 girls」・・・
メンバーそれぞれが
完全に独立した事務所ですが、
年に数回、女性専門家4名が集まって
無料相談会を定期開催しています。

41写真

 

この度、私たち「41 girls」が、

多治見ビジネス・イノベーション大賞

にて「奨励賞」という賞を

いただきました。

 

イノベ

 

※「ビジネス・イノベーション大賞」
の詳細や、受賞の経緯などは、
こちらをご覧ください。
エール行政書士事務所ブログ「イノベーション大賞受賞」

 

 

チームは「女性ばかり」。

だからこそ目立ちやすい

と考えて結成しました。

(特にこの地域では)

 

実は私たちの業界というのは

女性が少ない業界で、

 

弁護士は女性が18%

行政書士は女性が13% 

しかいません。

 

サービス紹介

 

 

 

「相談しやすいかどうか」は、

私たちではなく、

相談者さんが決めること

だと私は考えています。

 

それでも

離婚や夫婦関係のこととなると

女性の専門家に相談したいと思う

女性が多いことを知っています。

 

関係の悪い夫婦

 

子育てのこと、

お金の不安、

夫に対する恐怖や不安、

不倫のこと、

身体や性のこと・・・

 

男性の専門家に話しづらいこと、

理解されにくいこと、

 

男性の専門家しか見つからないときは、

「相談しよう」

と思えなくても、

 

女性の専門家が見つかれば

「話してみようかな」

と思えることもあるでしょう。

 

 

鈴木亜紀子 ご相談中

 

 

相談しなければ、

ずっと1人で抱えたまま

 

ネットで検索しては、

多すぎる情報(中には間違った情報も)

振り回されて

どんどん不安に陥ってしまいます。

 

女性

 

自分が悪い選択をしていても

それに気づかず、

適切な対処ができないまま

 

もしかすると、

自分だけではなく、

子どもまで不幸にしてしまうかも

しれません。

 

養育費いらない

 

 

「女性の専門家に相談できる」

と知っていただくことが、

離婚や夫婦関係に悩む

女性が相談する機会をつくり、

離婚に悩む女性自身や子どもが

救われるチャンスにつながるでしょう。

 

部屋でガッツポーズする女性

 

 

だから、女性の専門家を

・見つけやすいように

・何かあったときに

 思い出していただけるように

といつも考えています。

 

第4回相談会集合写真切り取り済み

 

こうして地域で表彰されることが、

・見つけていただくこと

・何かあったときに

思い出していただくこと に

つながっていったら嬉しいです。

 

41

前回は養育費と親の義務についての
お話でした。
→「親権がとれないなら養育費を払わない」



次回は母親の再婚と養育費の関係
についてお話します。
→私が再婚したら養育費はなくなるの?