離婚前 財産分与 養育費

 

離婚と保険

学資保険の分、養育費を減らす?

 

 

養育費の金額を決めるときに

学資保険の話題

出ることが多いです。

 

通帳

 

俺が学資保険をかけつづけるから

養育費はなしだ。

俺が学資保険をかけつづけるから

その分養育費を減らせ。

 

という夫側からの主張です。

 

ATMと男性

 

 

保険は、契約者が

変更・解約する権利を持ちます。

 

以前こちらでお話しました ↓
離婚と保険~保険は契約者のもの~

 

 

離婚後に

 

・保険を解約していた。

・保険料を滞納していた。

・再婚相手やその子どもを

受取人にしていた。

・元夫の口座に保険金が

振り込まれても

あなたに渡さない。

 

という可能性もあります。

 

落ち込み

 

 

学資保険の掛け金分も

養育費として

受け取っておいた方がいい。

 

とあなたが言ったら

 

学資保険の方が得だ。

俺に万一のことがあった場合に

お金も入る。

 

男性

 

夫は主張するかもしれませんが

慎重に考えるべきでしょうね。

 

 

押印

 

保険を引き継ぐなら

(契約者を夫からあなたにするなら)

離婚前に母親のあなたに

引き継いでおきましょう。

離婚と保険~離婚前に保険を引き継ぐ~

 

 

 

ただし

 

学資保険のような

積み立て型の保険については

これまで積み立ててきた分をどうするか

という問題が出て来るでしょう。

そのお話はまた次回お伝えします。


 

前回も離婚と保険のお話でした。
保険をあなたが継続したい場合は・・・
離婚と保険~離婚前に保険を引き継ぐ~



次も、離婚と保険のお話を続けます。
質問の多い「学資保険はどうしましょう?
について。
離婚と保険~積み立ててきた学資保険はどう分ける~