離婚前 財産分与

離婚と保険

離婚前に保険を引き継ぐ

 

 

 

前回に引き続き、

離婚と保険のお話

をしたいと思います。

 

 

夫が契約者となり夫の口座から

保険料を支払っていた場合

について考えておきましょう。

 

押印

 

この場合、

契約者である夫からの申し出があれば

保険は解約できます。

 

 

あなたのための医療保険であっても

保険の対象者である

あなたの意思とは関係なく。

 

子どものための学資保険であっても

子どもの親権者である

あなたの意思とは関係なく。

 

離婚と保険~保険は契約者のもの~

 

 

保険は加入時の年齢があがると

条件が悪くなる傾向があります。

 

今から、これまでと同等の保険に

入ろうと思うと、

今以上の負担となるかもしれません。

 

でも、

保険は契約者を変更すること(引継ぎ)

ができる場合もあります。

 

契約者を夫からあなたに変更して

あなたの口座から保険料を引き落とす

ことにするのです。

 

※実際にあなたの保険が引き継ぎができるかどうかは
 ご加入の保険会社で確認してください。

 

押印

 

 

このまま保険を継続させたいのであれば

契約者を夫からあなたへと

変更しておきましょう。

 

契約者の変更は、夫婦でなければ

できないことが多いので

変更したいのであれば離婚前に

保険会社さんに相談しましょう。

 

ノートと計算機

 

ただ・・・

 

離婚によって生活が変わるので

一旦解約して保険を見直すというのも

ひとつの選択肢だと思います。

 

収入が少ない場合は

これだけの保険料を

 毎月支払うことが

 負担にならないか?

 

逆に大黒柱となるのですから

私に何かあったときの保証は

  これでいいのか?

 

など、

保険会社さんと話してみてください。

 

 

離婚のタイミングでは

やらなければならない手続きや

支出もいろいろとあるので

 

ひとまず

(解約するか、続ける気があるなら引き継いでおいて)

生活のリズムがついて

収入と支出がある程度みえてきてから

考えてもいいかもしれませんね。

 



前回は、離婚と保険のお話。
保険は契約者が解約、受取人の変更をする権利を
もつというお話でした。
離婚と保険~保険は契約者のもの~



次回も離婚と保険のお話を続けます。
夫が学資保険をかけ続けるという提案についてです。
離婚と保険~学資保険の分、養育費を減らす?~