離婚前の話し合い・養育費

 

養育費はいらないからとにかく離婚して

 

今回は

「養育費はいらないからとにかく離婚して」

という母親についてのお話です。

 

なく女の子

 

 

・何もいらないから、

  とにかく別れたい。

・話し合いなんてしたくない。

・夫は私の言うことなんて聞かないの。

 

話し合う夫婦

 

と言う母親もいますが、

それは子どもの権利を

あなたが勝手に奪っている

ことになります。

 

養育費は

母親であるあなたのお金ではなく、

子どものためのお金です。

 

授業を受ける中学生男女

 

 

子どもが

・もっと勉強したい。

・習い事を続けたい。

・スポーツを続けたい。

・一緒に頑張ってきた仲間たちと一緒に

 大会・合宿・遠征に行きたい。

 

そう思っているときに、

 

母子家庭ってドラマじゃないし

 

 

金銭的な理由で

諦めさせてしまってもいいのですか?

 

なく女の子

 

子どもが一生懸命頑張ってきたことでも

子どもの夢に関わることでも

諦めさせますか?

 

子供の都合が最優先

 

 

 

あなたに十分な収入が

あればいいのですが、

そうではない母子家庭も

たくさんあります。

 

 

生活費を稼ぐために

小さな子供を家において

夜もダブルワークのバイト

行きますか?

 

号泣する幼児

 

・修学旅行に行けない。

・学校で必要なものが買えない。

 

そんな母子家庭があるのも事実です。

 

お金

 

今は生活できるだけ稼いでいたとしても

何かあったら?

 

あなたには仕事を頑張る覚悟も

苦労する覚悟もあるでしょう。

 

それでも、

特に、母子だけで生活していると、

母子の両方が心身ともに健康でなければ

あなたは存分に働けませんよ。

 

交通事故その2

 

養育費があれば、違うと思いませんか。

 

 

 

養育費はあなたの権利ではなく、

子どもの権利。

 

それをあなたが今、

子どもの代わりに話し合っている

というだけのことです。

 

小学校の入学式

 

何もいらない。

とにかく離婚してほしい。 

などと言わずに

 

 

子どもを不孝にしてしまわないために、

子どもを “かわいそうな子”

にしてしまわないために

 

母親の義務として、

ちゃんと夫と向き合ってください。

 

 

将来のある子供

 

 

 

 

「離婚するなんてダメな母親だ」

なんて私は言いませんが。

(そもそも私が子連れ離婚しています)

 

自分に十分な財力がある場合を除いて

「養育費も何もいらないから

 とにかく離婚して」 はダメ 

と思います。

 

一緒に子どものみらいを守りましょう。

 

ここは頑張りどころです。

 

 

勉強する女の子とお母さん

 

 

養育費のお話
養育費についてはたくさんのことを
お伝えしています。
是非お読みください。
→養育費について 

 

 

前回は、親権と監護権のお話でした。
→「親権」と「監護権」


次回は 「養育費は払わない」
「親権がとれなければ
 もう子どもとは関係ない」
という父親についての話です。
→「親権がとれないなら養育費を払わない」