離婚後の生活・子育て 母子家庭日記

子どもにイライラしてしまうとき

うまくいかないときは好物を出す!

 

 

今回は我が家のお話

かなり恥ずかしいお話ですが・・・

 

 

元旦から6日まで6日間

娘とケンカしていました。

 

元旦に勃発して、

6日の夜まで続きました。

 

 

原因は

『耳そうじ』。

娘が耳そうじをしなかったことです。
笑っちゃうよね。
こんなこと書くの恥ずかしい。

 

耳そうじ自体が

大して必要なものではないということ、

(耳鼻科の先生も言っていた)

 

耳そうじくらいで何日もケンカするより

楽しく仲良く暮らした方が

よっぽどいいこと、

 

それは私にもわかっていました。

 

でも勃発したのが実家だったこともあり

私の家族まで含んで

耳そうじの周りにいろんなことが

絡み合ってしまって・・・

 

それはもはや

『単なる耳そうじ』

ではなくなっていたのです。

 

うつむく子ども

 

ケンカ中でも私は娘に

ご飯を出し、

会話をし、

勉強を見て・・・

と生活しているので、

 

娘は、

私がヒートアップしているときは

泣いたり、騒いだりするものの、

それが過ぎると

ケロッとしたものでした。

 

でも、

私はずっと悲しかった。

いっぱい泣きました。

 

1人で車に乗っていても

思い出すのは娘のことばかり。

 

スーパーに行っても

つい娘の好きな物を探してしまう。

 

バカみたい私・・・
何度も仲直りしたいと思いました。

 

頭をかかえる女性

 

でも、

自分の小さなワガママのために

ひと(実家の家族や私)の

気持ちと時間を

踏みつけるのは許せなかった。

 

それに、

口では謝っておきながら

その後も行動が変わらないこと

(口先だけで謝ること)は、

私が大嫌いなこと。

それも許せなかった。

 

元夫がそういう人でした。

(少なくとも私はそう感じていました)

アレコレと記憶のフタまであけて

芋づる式に嫌な気持ちに

なっていました。

 

ひざを抱える女性

 

そうしてなんと6日間も

ケンカしていた私たち

(ケンカというか、私が勝手に怒ったり傷ついたりしていた)

 

仲直りのキッカケは

娘の好きな晩ごはん

でした。

 

6日に年頭のご挨拶に周りながら

とあるオジサマに

 

もう6日間も

ケンカしているんです

 

とグチると、

 

娘さんの好きな食べ物ってなに?

 

今日は娘さんの好きな晩ご飯に

してあげなよ。

 

と言われました。

 

仲直りのキッカケはコレです。

 

その日の晩ご飯は

・ハンバーグ

・トマト系のスープ

・チーズケーキ

(ママの手作りケーキも大好きですが時間の都合上、買ったもの)

と娘の好きなものを並べました。

 

娘もとっても嬉しそう。

私もそれを見て幸せに。

 

食事って大事!!

 

特にうまくいかないときに

子どもの好きなものを出すこと、

好きなもの・美味しいものを

一緒に囲むことって

大事だなあと再確認しました。

 

コップの水を飲む母親と娘

 

○○さんがね、

『今日は娘さんの

 好きなごはんにして

  もう仲直りしなよ』

ってアドバイスしてくれたの。

 

今日は好きなもの2人で

いっぱい食べて

もう仲直りにしよ。

 

とお話しました。

2人とも幸せな気持ちになりました。

 

子どもとうまくいかないときは

子どもの好きな食事にする!

 


 

前回は
市長との座談会の様子が市の広報誌に
掲載されたことのお知らせと
私がこうして人目に触れるときに抱く
思いについてお話しました。

市の広報誌・伝えたいこと

次回は、「生活つれづれ」。
私たち親子の日記です。
いつも内容が重いのでたまには
私たちの親子日記を。

生活つれづれ・3連休は参拝三昧