私の想い

離婚できない本当の理由

 

 

 

思ったことを書きます。

 

反対もあるかもしれません。

でも、私はこう思っています。

 

うつむく子ども

 

子どもがいるから離婚できない。

 

と言う人がいます。

 

確かに私も離婚前、

 

子どもがいるのに離婚するなんて

 

と子どもがいながら離婚を考える自分を

ずっと責めてきました。

 

きっとあなたもそうだと思います。

 

でも

子どもがいるから離婚しない

という言い方をしたことはありません。

(子どもにも周りにも自分自身にも)

 

世の中にはそれを

(事もあろうに子どもに向かって)

言う人がいるようです。

 

あなたがいるから

お母さんは離婚を

ガマンしているのよ。

 

と。

 

頭をかかえる女性

 

そんなことを言われた子どもは

どう思いますか?

 

 

自分という存在が

母親に迷惑をかけている。

 

自分という存在が

母親の人生を不幸にしている。

 

子どもはそう考えてしまうのでは

ないでしょうか?

 

自分という存在を否定してしまうのでは

ないでしょうか。

 

うつむく子ども

 

私は

子どもがいるのに離婚するなんて

なんて言いませんが、

 

自分が離婚できないのを

子どものせいにするなんて

 

とは思っています。

 

離婚できない理由は

子どもじゃなくて

大人(あなた)なんじゃないですか?

 

私にはシングルで

子どもを育てていく自信がない

 

そう言ってください。

 

芝生で遊ぶ親子

 

人には向き・不向きがあります。

 

私は、シングルマザーは

“できない人にはできない”

“向いていない人には向いていない”

と思っています。

 

離婚は離婚届を出せば誰でもできますが
離婚後の子どもと自分を
幸せにすることについては
できる人とできない人がいるでしょう。

 

楽をしたいからできない。

寂しいからできない。

なんでも1人で責任をもつなんて

 耐えられない。

なんでも1人で決めるなんて

 私にはムリ。

ガマンしていた方が楽。

新しいことが怖い。

この先が怖い。

このままの生活を続けていた方が楽。

 

落ち込み

 

理由はいろいろあると思います。

 

大人のあなたができないだけです。

 

大人のあなたができないことを

子どものせいにするべきではない

と思っています。

 

別に、離婚できないことは悪いことではありません。
人には「タイプ」というものがありますから。
そうして結婚生活を続けていく間に
時間が解決することもあるかもしれませんし。

 

 

子どもの前で

 

「あなたのせいで」

「あなたがいるから」

 

なんて言わないでください。

 


前回の記事
タウン誌にてご紹介いただきました。

次の記事
2016年を振り返って

 

 

 

平成28年12月29日(木)

~平成29年1月4日(水)は

年末年始の休業となります。