離婚前 財産分与

持ち家と住宅ローン

このままあなたが住み続ける

 

 

 

持ち家と住宅ローンのお話

を続けます。

 

夫名義、夫の住宅ローンの家に

あなたが住み続けたい場合

のお話です。

 

これまで

住宅ローンの借り換えや債務引き受け

といった方法をお話ししてきましたが

 

これらは

あなたが住宅ローンを支払える場合

の選択肢です。

 

 

あなた自身にその経済力がなければ

これらの選択肢はとれません。

 

 

芝生で遊ぶ親子

 

家の名義も住宅ローンも夫のまま

あなたとこどもたちが家に残り

夫が家を出る

という選択肢をとる方も多いです。

 

元夫の家を

「借りている」

状態になります。

 

もちろん家の名義も夫のままなので

立場としては不安定なものです。

 

 

元夫が住宅ローンを

滞納するかもしれません。

 

家が差し押さえにあうことが

あるかもしれません。

 

子どもが育ったら家を帰せと

言われるかもしれません。

 

 

それでも、

それは「万一のとき」の話。

 

子どもの環境を変えたくない

今の家、今のコミュニティのまま

暮らしたい

 

という方は多いもの。

 

戸建て

 

やはり何かあったときに

 頼れる人がいる

 

これまでの子どもの成長を

 見ていてくれた人がいる

 

そんなコミュニティがあるというのは

心強いですものね。

 

 

リスクがあることは承知のうえ

 

これから収入を増やしていけば

自分で住宅ローンを

払えるようになるかもしれない。

 

ひとまず子どもが育つまでは

ここにいられればいい。

 

将来1人になったときには

実家暮らしでも賃貸暮らしでも

かまわない。

 

そう考えて、

この選択をとる方も多いです。

 

 

もちろん、生活費である住居費を

元夫に支払っているので

その分養育費は調整する必要

が出てきます。

 

ATMと男性

 

養育費の変わりに

住宅ローンを支払ってもらう

というのも悪くない選択肢ですね。

 

 

 

養育費の支払いが継続する確率は

現在の日本では多いとは言えない

状況です。

(厚労省の調査では2割と言われています)

(養育費不払いに対しての社会的制裁って少ないですよね。)

 

住宅ローンの支払いが継続する確率は

養育費に比べて格段に高い

ですもんね。

(住宅ローンの滞納の方が社会的な制裁が大きいですものね。)

(おかしな話だとは思いますが)

 

(参考)こちらもどうぞ
持ち家の問題 (まとめ)

 


 

前回の記事
住宅ローンの債務引き受け