離婚前 財産分与

持ち家と住宅ローン

住宅ローンの債務引受

 

 

 

 

 

持ち家と住宅ローンのお話を続けます。

 

前回

住宅ローンの借り換え

のお話をしました。

住宅ローンの借り換え

 

 

借り換えの他にも

債務引き受け

という形もあります。

 

 

これまで夫と銀行とで

住宅ローンの契約をしていたところに

あなたが新たに契約に入るのです。

 

これまで夫1人が債務者

(お金を借りている人)だったのが

 

夫とあなたの2人が債務者

(お金を借りている人)となる

ということです。

 

 

「重畳的債務引受」

(ちょうじゅうてきさいむひきうけ)

と言います。

「連帯債務」と呼ばれる契約のようなものです。

 

 

あなたが返済できることになりますから

気づいたら元夫が

住宅ローンを滞納していた!

という事態を避けることができます。

 

 

元夫としては(住んでもいないのに)

自分も住宅ローンの請求を

受ける立場であり続けることに

反対するかもしれません。

 

場合によっては

夫が住宅ローンの契約から抜けて

あなたが夫の債務を引き受ける形

もあります。

 

「免責的債務引受」

(めんせきてきさいむひきうけ)

と言います。

 

電卓をもつ女性

 

 

あなたが住宅ローンを

支払って行けるのであれば

借り換えか債務引き受けか、

どういった方法をとるのがいいのか

銀行に相談してみてください。

 


前回の記事
住宅ローンの借り換え

次の記事
このままあなたが今の家に住み続ける