離婚前 財産分与

持ち家と住宅ローン

離婚しても連帯保証人のまま

 

 

 

持ち家と住宅ローンのお話を続けます。

 

前回

夫名義の家で住宅ローンが夫なら

あなたがそのまま家を出ても問題ない。

(名義や住宅ローンなどを気にする必要はない)

あなたが家を出る場合

とお伝えしましたが

 

1点忘れてはいけないことがあります。

 

びっくり

 

それは

連帯保証人

の問題です。

 

 

住宅ローンの名義が夫であったとしても

あなたが連帯保証人であれば

注意して下さい。

 

 

離婚しても、家に住んでいなくても

連帯保証人の立場からは外れません。

 

連帯保証というのは

銀行とのお金の貸し借りの契約であって

親族かどうかの問題ではない

のです。

 

連帯保証が終わるのは

住宅ローンを完済したときです。

 

当然、

離婚したからといって

連帯保証人から外れるわけでは

ありません。

 

パニック

 

連帯保証人であるということは、

銀行から住宅ローンの支払いを

請求される可能性がある

ということです。

(元夫がきちんと払い続けていればいいのですが)

 

契約書

 

連帯保証人から外れるためには・・・

 

①夫が残りの住宅ローンを全額借り換え

(これまでの住宅ローンを終わらせて新しい住宅ローンにする)

新しい住宅ローンではあなたではなく

別の人を連帯保証人にします。

※金利や返済の条件など、
場合によっては借り換えで
お得になる可能性も不利になる可能性もあります。
もちろん夫がローンの審査に通る必要があります。

 

 

 

 

②別の連帯保証人をたてる

新たに連帯保証人に

なってくれるような人が見つかれば、

別の連帯保証人をたてて

あなたの連帯保証契約を解約する

という方法も。

 

もちろん

銀行が納得する人物

でなくてはなりません。

 

ただし、
家族でもなければ連帯保証人につく人など
なかなか見つかりませんし、
夫の親御さんはもう退職のご年齢でしょうから
保証人となるのは難しいかもしれません。
夫の親御さんに資産がある場合などは
相談してみる価値があるかもしれません。

 

頭を抱える男性

 

どちらも

銀行がOKを出さなくてはできない

ことですから

まずは銀行に相談です。

 

前回の記事
あなたが家を出る場合


次の記事
相談会のご案内