子連れ離婚

話し合い 財産分与 住まい

 

家の名義と住宅ローンの名義

 

 

 

子連れ離婚世代で持ち家がある場合、

住宅ローンが残っている

ことも多いでしょう。

 

銀行

 

持ち家には、

「名義」「住宅ローン」

の2つの壁があります。

 

戸建て

 

家の名義というのは、

前回の記事でお伝えした通り、

法務局(登記所)で登録(登記)

されているものです。

 

(参考)

持ち家の方は、まずは権利を確認

家の名義をそのままにしておくと・・・

 

住宅ローン金融機関との約束です。

住宅ローンの名義人

(要するにお金を借りている人)

家の名義人は 別物 です。

 

家を譲り受けた

家の名義を変えたとしても

住宅ローンはそのままです。

 

押印

 

 

その前に、

ひとつ注意しなくてはいけないのは

住宅ローンが残っていると

 

家の名義は

なかなか変えられない

 

ということです。

 

パニック

 

おそらくほとんどの方が

住宅ローンを組むときに

家を担保に入れています。

そして契約のときに

 

 

勝手に家の名義を

変更してはいけません。

 

もし変更した場合は、

約束違反となり

 

銀行は月々の支払を待たずに

ローンの残額を一括して返済

するよう請求できます。

 

と約束したうえで

住宅ローンを組んでいます。

 

これを「期限の利益の損失」といいます。
契約書には「期限の利益を喪失し・・・」
と書いてあるでしょう。

 

契約書

 

 

要するに、

住宅ローンが残っていると

家の名義を変えられない

ということです。

 

頭を抱える男性

 

夫の名義となっている家に

あなたが住む場合

 

家の名義をどうするか?

住宅ローンをどうするか?

 

を考えていくことになります。

 

 

長くなりますので、

考えられる選択肢については

また次からの記事で

一緒に見ていきましょうね。

 

 

前回の記事
家の名義をそのままにしておくと・・・


次の記事
住宅ローンを完済する