離婚後の住まい

離婚後の子育て

実家にもどるデメリット

 

 

 

離婚後を決意したとき

 

実家に戻る

 

という選択肢を考えた方は

多いでしょう。

 

特にお子さんが小さな場合は。

 

 

戻れる実家があって

関係が良いのであれば

実家にもどる

というのは良い選択肢だと思います。

 

これから

実家にもどるメリット・デメリッ

について

お話していきましょう。

 

今回はまず

実家にもどるデメリット

から

 

携帯電話で通話する老人

 

お金に関係する制度

家庭の所得によって

利用状況が変わるものがほとんどです。

 

大人があなた1人の家庭と比べ、

親と同居することで

家庭の所得は増えるでしょう。

 

母子手当の算定の際に

親の所得までみられるので

手当額が減る・もらえない。

 

「母子手当を受けている」

という条件で利用できる

母子家庭の制度が

利用できない。

 

保育料の算定の際に

親の所得までみられるので

保育料が高くなる。

 

などといった可能性は高くなります。

 

 

 <世帯の収入によって変わる制度>
 母子手当 
 母子手当のお話 
 国民健康保険・国民年金
 国民年金のお話 / 国保って高いよね・・・・
 資格をとる
 母子家庭の母・資格取得を目指す

 

 

保育園に入りにくい地域であれば

 

母親のあなたが働いていても

親が家にいれば

「子どもの面倒をみる人がいる」

とみられて

保育園の入園優先順位が下がる

 

という問題も考えられます。

 

 

それから、やはり親も

あなたを育てていたときと比べて

歳をとっていますので

 

疲れやすい

・体力がもたない

・体調を崩しやすい

・注意力が散漫

意見を曲げられない

・自分の意見を通そうとしてしまう

 

といった困難も

出てくるかもしれません。

 

 

また、

 

あなたと親との間で

育児に対する考え方が違う。

あなたが親に

言いたいことが言えず

親が思い通りにしてしまう。

 

などといった、

親子間での課題

も出てくるかもしれません。

 

それでも、実家にもどることは

良い選択肢だと思います。

特にお子さんが小さな場合は。

 

面会後に赤ちゃん返り

 

次回は実家にもどるメリットについて

お話してきたいと思います。

 



前回の記事
どこに引っ越すのか? 

次の記事
実家にもどるメリット