離婚前 話し合い

養育費のお話

年収ゼロの私と夫の養育費の話し合い

 

※父親(夫)の年収が母親(あなた)より高く
 子どもは母親(あなた)と暮らすという
 前提で書いています。

 

養育費の金額は

「養育費算定表」の金額を

基準に決める夫婦が多いです。

 

算定表の金額を話し合いのスタートとして

そのうえで各家庭の事情を調整して

(例えば、住宅ローンを払い続けるなど)

養育費を決めるというやり方です。

 こちらも読んでみてください。

 養育費の相場って?

 養育費算定表の見方

 

親子

 

「養育費算定表」は

夫婦の年収

子どもの人数年齢

計算基準になっているので

 

子どもの人数が同じでも

夫婦の年収によって

養育費の算定金額は違います。

 

例えば・・・

夫の年収が450万円、
妻が専業主婦で年収が0円なら
養育費は月額4~6万円

夫の年収が同じ450万円でも
妻に年収が200万円ほどあれば
養育費は月額2~4万円

という算定になります。

※14歳までの子どもが1人で夫が会社員と想定

 

 

私の離婚時の年収は0円

元夫はこれが気に入りませんでした。

 

オマエ、

離婚したら働くだろう

年収は増えるはずだ

それなのになんでこの金額で

(算定表を)

見なきゃいけないんだ。

 

と、ずっと言われていました。

 

 

アナタだって

自分の年収のことを

“増える、増える”

って何年も言ってきたのに

増える前の

今の年収で算定するんだから

いいじゃない。

 

と言っても、話し合いは平行線。

 

 

養育費は

毎年見直す契約にしよう。

 

どうしても定額で

契約したいなら

算定表の1/4だ。

 

調停でも裁判でも

なんでもやってやる。

 

と言われて

調停について調べるために

家庭裁判所に行ったときのお話は

以前もお伝えしました。

 

私の離婚前のお話です。
「調停でも裁判でもやってやる!」
と言われたのでとりあえず調停について
調べにいきました。

家庭裁判所に行ってみた 

「調停も裁判もしなくていい」と言われた

 

 

そこで聞いてきたのは

 

専業主婦だった妻が

離婚後に働きに出ることは

どこの家庭でも当然に

予想されること。

(当たり前)

 

というお話です。

 

businesswomen working image

 

それでも

「養育費を取り決めるとき」の

年収で算定するということです。

 

 

養育費の算定金額が上がるように、

私がわざとそれまでしていた

仕事を辞めたわけではありません。

 

子どもはまだ就学前(3歳)

(保育園入園前)で家にいました。

 

 

(オマエの年収は)

300万はいけるんじゃないか?

 

なんて元夫に言われたけれど

 

現実に300万円の年収が

あるわけではありません。

離婚後に300万の年収が

約束されているわけでもありません。

 

 

確かに、

元夫とは学歴が同じで、

(大学の同級生なんです)

結婚前は元夫より大きな会社に

勤めていました。

 

そんな私を急に

「弱い者」「稼げないのが当然」

扱いをするのは、

元夫にとっては

気に入らないこと

だったかもしれません。

 

 

それでも

 

結婚、妊娠、出産、子育て、転勤・・・

 

それらがあっても

夫は自分の仕事を変えずに

過ごしてきました。

 

私と元夫では状況が違います。

(そもそも元夫が「仕事を辞めろ」と言っていたくせに)

 

離婚後は引っ越すことが決まっており

長期間別居していたわけでもないので

私が就職の努力を怠っていたわけでも

ありません。

 

 

ましてや幼児を抱えています。

 

 

 

だから「年収が上がるだろう」という

予想(私にとってはもはや妄想)

ではなく、

事実である今の年収を基準に

養育費を算定することになっています。

 

 

養育費を払わない

 

もちろん、

「養育費を取り決めるとき」

年収で算定するようにできているので

 

何年かして元夫が

「養育費を減額してほしい」

と言ってきたときに

2人の中で話し合いができずに

調停や裁判に行ったときには

「そのときの」年収を裁判所に提出して

それを元に算定することになります。

(正確には前年の年収ですが)

 

 

私が養育費の算定のために

わざとそれまでしていた

仕事を辞めて年収を減らした

のであれば、

 

子どもが大きく手がかからず

働けるはずなのに

養育費狙いで働いていないのであれば、

 

あなたには本来なら○○万円の

 年収がありますよね。

 

と言われるかもしれません。

 

(この、「このくらい稼ぐ力があるよね」というのを

 「潜在的稼働能力」と呼びます)

 

しかし、

そうではありませんでした。

 

就学前の子どもを抱えていたので。

 

 

 

面会後の子供の様子

 

 

 

今週は養育費を算定するにあたっての

「本当の年収って?」という

お話をしていきたいと思います。

 


 

前回の記事
国民年金のお話


次回の記事
専業主婦の年収って?