離婚前の話し合い・財産分与

財産分与について

 

離婚の話し合い10のリスト

 

今回は

財産分与について

です。

 

ノートとペン

 

 

財産分与とは、

結婚生活の中で、

夫婦で築き上げてきた財産を

今の名義に関わらず夫婦で分けること

です。

 

 

 

もし、

それぞれが自分の名義のものを

持って行くこととしてしまうと、

ほとんどの財産を

夫の名義にしていた夫婦では

離婚後、妻と子どもの生活への負担が

大きくなってしまいます。

 

ですから、

今の名義に関わらず、

結婚生活中に築いた財産を洗い出して、

どちらがどれだけ持っていくのか

を話し合います。

 

ノートとペン

 

 

まず、持ち家の場合は、

・どちらが住むのか。

・それとも売るのか。

・名義はどうするのか。

・ローンをどうするか。

を話し合う必要があります。

 

 

そして、

・預貯金

・保険

・車

・現在の住居にある家具家電

・その他財産となるもの

・年金

を、どちらがどれだけ持っていくか

話し合います。

 

 

 

預貯金・現金の場合は、

金額がわかりやすく、

分けるのも簡単なので良いでしょう。

 

は、

ローンの支払いや、

名義・保険の問題などもありますので、

注意してください。

 

 

年金

 

年金は、

支払実績に応じて、

将来もらえる年金額が変わります。

 

話し合いの前に、一度、

年金事務所で相談してみましょう。

 

 

 

それぞれの財産の分け方は自由です。

妻が専業主婦だった場合や

夫より収入が少なかった場合でも、

最近の傾向としては、

1:1で分けることが多いです。

 

家をもらうなど他の財産の分け方によって

不公平感を失くすために、

預貯金は3:1にするなど

夫婦で納得できるように調整してください。

 

リングノートと電卓

 

最後に、

財産分与で決まった内容を実行するのが

離婚より後になる場合は、

いつ、どうやって実行するのか

(いつまでに振り込む、名義を移すなど)

決めておきましょう。

 

もちろん約束は書面に残します。

 

公正証書までつくるなんて私って

 

例えば、

すぐにお金が用意できない場合に、

 いつ差額の金額を支払うか。

すぐに名義変更ができない場合、

 いつ名義変更をするか。

などです。

 

ATM

 

 

財産分与のそれぞれの項目については
こちらから詳しくお読みください。
財産分与 

 



離婚の話し合い10のリスト
次回は面会についてです。
→面会について