離婚前の話し合い・財産分与、離婚後の生活

家について

 

今回は

家について

です。

 

一戸建て

 

 

離婚後の生活の見通しや

離婚時に必要なお金に関わってきます。

財産分与や養育費などにも

関わってくることなので、

先に決めておきましょう。

 

ファイル

 

 

今の住居をどうするか。

 

どちらかの親の家に同居していた場合は、

離婚によって縁が切れた方が出ていく

ことになるでしょう。

 

賃貸の場合は、

・夫婦の両方が家を出る。

・どちらかが出ていく。

の2つの選択肢があります。

 

持ち家の場合は、

話し合いの中での重みも大きいですね。

・どちらが住むのか。

・名義(所有者)はどうするのか。

・住宅ローンが残っている場合は

 支払いをどうするのか。

話し合う必要が出てきます。

 

 持ち家の場合に考えられる選択肢について
 詳しくはこちら
 →持ち家の問題 

 

強制執行

 

 

 

それから

離婚後はどこで生活をするか。

 

・新しく家を借りるのか。

・実家に住むのか。

・このまま今の家に住み続けるのか。

 

新しく家を借りる

となれば、

毎月家賃を支払っていくことになります。

 

引っ越しや賃貸の初期費用などで

離婚時にお金が必要になります。

 

場合によっては、

家電なども買い直さなくてはなりません。

財産分与の話し合いに影響してきます。

 

引っ越し

 

 

実家に住む

となれば、ひとまず金銭面では楽でしょう。

賃貸と違って初期費用はかかりませんし、

家電などはそろっているでしょうから。

 

家賃や生活費、子供の見守りや、

病気のときのフォローなど、

助かる部分も多いかと思います。

 

 実家に戻るときの
 注意点やメリット・デメリットはこちら
 →実家に戻る 

 

祖父母

 

今の家に住み続ける

のであれば、ひとまず離婚のタイミングで

大きなお金がかかるわけではありません。

 

環境が変わらないので

子どもとあなたの負担も少ないです。

 

 

小学校の入学式

 

 

離婚の話し合い10のリスト
前回は
親権について 
 
次回は
→財産分与について