私の離婚

夫との話し合い

長引く話し合い

 

 

話し合うことは

多くはなかったはずなのに

話し合いはなかなか進みませんでした。

 

夫

 

じゃあ俺が親権を主張する

とか

 

今までの通帳、全部記帳して出せ

とか

 

この出金は何に使ったカネなんだ

とか

 

これからどうやって生活していくのか、

 収支計画書を作って俺に出せ

とか・・・

 

すんなり養育費の話し合いにはならず、

夫にはいろいろ言われました。

 

夫がいたころの私

 

あの人が自分の好き勝手ではなく

子どものペースで日々を送って

子育てをするとか、

 

これまでの家計も把握しておらず

お給料も教えてくれていないのに

収支計画を出させて夫が判断するとか、

 

今思うとちゃんちゃらおかしいのですが(笑)

 

顔写真2 - コピー

 

当時はそんな風には考えられず

いちいち夫に振り回されていました。

ひとつひとつが重くて怖かったです。

 

夫といたときの私

 

なんだかもう条件反射で

「怖い」と感じてしまうのです。

 

(態度がデカイ私を知っている人に

 こんな話読まれたくないけれど)

 

養育費をもらうのが悪いこと?

 

私だけではありません。

「夫は私の言うことは聞かないんです。
 誰か偉い人に決めてもらったら
 言うことを聞くから」

「夫と話すと、すぐバカにされて
  言い負かされてしまう。」

「夫と話すと頭がフリーズしてしまって
  うまく話せないんです」

という方は多いです。




家庭裁判所




でも、「だから調停や裁判に・・・」
と簡単に決めてほしくはありません。


暴力などの理由がない限り
できれば夫婦の話し合いで
離婚してほしいと思います。


怖いし、
辛いですけどね。


公正証書までつくるなんて私って




ちなみに・・・

調停で決まったことには
「調停調書」という書類が出ますが、

夫婦の話し合いは
後で証明するものがないので
話し合った内容は必ず
公正証書に残しましょうね。

 

前回の記事
私が調停に行かなかった理由2

次の記事
公証人のところへ