私の離婚 話し合い

子連れ離婚の大百科 その他

私が調停に行かなかった理由2

 

私が調停を選択しなかった理由は

前回お伝えした「養育費の終了時期」

以外にもあります。

 

会わないから払わない

 

それは

「離婚できないかもしれない」

と思ったからです。

 

私が「あとは養育費を決めるだけです」と

調停の申し立てをしても

 

夫が調停の場で「離婚したくない」

と言ったら?

 

 夫がいたころの私

 

「離婚するかどうか」

「夫婦関係について」の

調停になってしまい

養育費の話し合いができません。

 

 

夫には離婚を急ぐ理由もないでしょう。

「積極的に離婚したい理由」

もないでしょう。

 

結婚していた方が楽ですし。

周りからの目だっていいでしょう。

嫌なら家にいないことだってできます。

 

なんなら「あえて離婚しなくてもいい」

くらいかもしれません。

 

 肩こりに苦しむビジネスマン

 

夫がどこからか知恵をつけてきて

自分の希望の条件が出てくるまで

 

調停委員の前に座る度

離婚はしたくないです。

悪いところがあれば直します。

娘と一緒にいたいんです。

3人でやりなおしたいです。

と涙ながらに訴えたら?

 

養育費をもらうのが悪いこと?

もう

「ほぼ養育費の話し合いだけ」

だったはずが、

養育費の話し合いもできません。

離婚もできません。

 

夫は「いい父親」で、

私は「わがままな母親」になってしまい、

私が調停委員から諭されるのでは??

 

祖父母

 

だって調停委員は私より一世代上

いわるゆる人間できた人です。

わざわざ離婚を推奨するわけないですから。

 

 家庭裁判所

 

調停で合意しなかったとして、

その先に進んだところで

私たちには裁判で離婚できるような

離婚理由がありません。

 

面会後に赤ちゃん返り・離婚前の私

この精神状態でいる時間が

増えるだけで

(いや、絶対もっと精神を病むにきまっている)

まさか離婚できない?!

 

と考えました。

 

 

 

調停では

夫ではなく調停委員と話せばよいというのは

嬉しいことですが、

夫も、私のいないところで

調停委員と話すのです。

 

考えれば考えるほど、

調停を避けたくなりました。

「調停に行ってはいけない」

そう考えました。

 

前回の記事
私が調停に行かなかった理由1

次の記事
長引く話し合い